1.【子連れで楽しめる遊び場】万博記念公園:大阪のおすすめスポット


子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

休日、子供とのお出かけに「子連れで楽しめる遊び場」おすすめスポットの紹介です。


今回は 「万博記念公園」のご紹介

「万博記念公園」は1970年に行われた日本万国博覧会の跡地になります。

当時の写真
818_0001-640x507
(HPより引用)

もちろん私もまだ生まれてませんので、この方たちは大先輩です。

cp66_868_0060-640x640
(HPより引用)

日本万国博覧会はこの記事を書く為に調べたのですが、全然知りませんでした。(^_^;)

「太陽の塔」は万国博のシンボル。

当時のパビリオン(展示館)の跡地が、地面に刻印されているので歴史を感じる事が出来ます。

どんな所でどのような事が出来て、何に気をつければ良いか
親目線で「子連れで楽しめる遊び場」として紹介しまーす。

家族構成
長男:小学4年
次男:小学1年
三男:3歳

男3兄弟の 「万博記念公園」 体験記。

広い公園で遊びまくります。

それでは、はじまるよ~

2.万博記念公園


万博記念公園といえば、これ。
シンボルの「太陽の塔」
DSC_4074
万博記念公園に行かなくても見える太陽の塔ですが、ここでマメ知識。

太陽の塔には4つの顔があります。

黄金の顔:未来の象徴
太陽の顔:現在を象徴
黒い太陽:過去を象徴
地底の太陽(太古の太陽):人間の祈りや心の源を表す


今見えてるのが「黄金の顔」と「太陽の顔」。
裏側に「黒い太陽」があります。

第4の顔と言われているのが「地底の太陽」。
こちらは現在行方不明です。

博覧会終了後の撤去作業から50年近く経ちますが、行方は分からず。
高さ3メートル、全長11メートルもあるのでとても大きい。

誰かがパクったのか、それとも廃棄してしまったのか…
appearance-4
(HPより引用)

万博記念公園のアクセス

万博記念公園
拡大地図を表示

🚙 車の場合:名神高速道路「吹田IC」

🚃 電車の場合:大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」が便利。

駐車場有で収容台数は 9,000台以上 。


駐車場料金
4時間以上の利用の場合

駐車場利用時間9時~20時
駐車料金1,100円~1,600円


万博記念公園の利用時間

9時30分~17時


万博記念公園の利用料金

  大人 260円
 小中学生 80円

DSC_4231


「万博記念公園」はエキスポシティの隣にあります。

車は中央駐車場に駐車、見慣れた光景ですが、入口はニフレルの横です。

DSC_4056


↓「ニフレル」の紹介ブログです



それでは
いざ「万博記念公園」へ

3.万博記念公園内のようす


「万博記念公園」はとても広いです。

さてどこから行こうかなぁ。(o^―^o)ニコ

DSC_4069
入ってすぐに見えるのが。シンボルの「太陽の塔」

「黄金の顔」と「太陽の顔」を確認。
DSC_4078

万博おもしろ自転車広場

おもしろ自転車に乗ることに。
DSC_4081
「こどもの国」でもありましたね。
DSC_4083
以前に訪れた「鳥取砂丘こどもの国」より、おもしろ自転車の種類も多く、子供達は存分に楽しめます。

↓「鳥取砂丘」の紹介ブログです。



世界の森

隣にある「世界の森」へ
DSC_4165
長いすべり台がたくさんあり、3人とも楽しめました。(^◇^)
DSC_4167

巨大立体アスレチック迷路「迷宮の砦」

長男と次男は「迷宮の砦」に挑戦。

これは「東映太秦映画村」にもありますね。
DSC_4116
とても楽しかったようで、2回チャレンジし「知力コース」、「体力コース」を制覇。
IMG_20200202_165216
その間、3歳児は世界の森で遊んでました。
IMG_20200202_164932
「知力コース」と「体力コース」を挑戦したのでスタンプラリーも完成する。
コンプリート❕
IMG_20200202_164531
この広場ではサッカーをしました。
DSC_4174
隣にはこんな遊具もあります。
DSC_4190
昼食は「シアトルズベストコーヒー」にて軽食。
DSC_4207

夢の池サイクルボート

池があったのでサイクルボートに乗りました。
DSC_4193
もちろん5人全員で楽しめましたよ。

3歳児が小さいので4人乗りでOK。👌
IMG_20200202_165335
サイクルボートなので、4人で漕ぎまくり。

それがまた楽しかった。(〃艸〃)
DSC_4196
舵取りは次男が挑戦。

障害物があると、みんな一斉に「右」やら「左」やら
笑いっぱなしの20分間。
大満足❣
DSC_4203
そしてこちらが万博記念公園のシンボル「太陽の塔」の「黒い太陽」
過去の象徴です。
DSC_4210
こんなにも広い道路があります。

真ん中を歩いていると車が来るのでは?
とついつい後ろを振り返ってしまいます。
DSC_4214
噴水やお花畑があります。

訪れた時は冬だったのでお花は咲いていませんでしたが
季節になると一面がお花畑になるので、相当綺麗だろうと思います。
DSC_4222
どこまで行っても広い公園。

ここでもサッカーをしました。
DSC_4220
感想:本当に広い公園でした。

子供達はとても満足したらしく、「また連れてきて」と声を揃えて言ってました。
DSC_4230
「万博記念公園」
楽しませてくれてありがとう。

近いうちにまた来ますね。

4.気をつけること


子連れで「万博記念公園を」楽しむにあたり、気をつける事や注意点。

食事について

軽食含めてレストランが公園内に8か所ありますが、お弁当の持参が良いかと思います。
入口近くに大きなファミリーマートがあるので、ここで買って入るのもあり。

乳幼児連れについて

授乳室:5ヶ所
ベビーシート等設置トイレ:有
ベビーカーの貸し出し:有(先着順)

公園について

広い広場が多いので、ボールなどお子さんが好きな遊びが出来るように道具を持参される事をおすすめします。

宿泊予約について

【子連れで楽しめる遊び場】の紹介は、関西地方が多いので関東や遠方よりお越しの場合は宿泊が必要となります。
少しでもお得に旅行をされるなら、楽天経済圏の利用がお勧め。
下記にサイトを掲載しております。

ご家族での旅行は楽天トラベルで
▼楽天トラベルで予約される方はこちら▼

楽天カードでポイントをゲット
普通に予約するよりもお得!
▼楽天カードのお申込みはこちらから




5.【子連れで楽しめる遊び場】の紹介

子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

過去記事の紹介です。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


遊びに行ってどんどん更新していきます。