カテゴリ: 子連れで楽しめる

子連れで楽しめる田植え体験

3児の子煩悩パパ、ひろしぃです。

子連れで楽しめるおすすめスポットの紹介。
今回は田植え体験。

親の私達も田植えをした事がなく
子供への教育の一環で参加。

1年間のオーナー制度で米作りを体験出来る。
年間1万5千円で参加しており今回はその費用内

制度についてはこちらを参考に
田んぼ一口オーナー


我が家の家族構成
長男:小学校4年生
次男:小学校1年生
三男:満3歳

場所は南丹市園部町

場所は京都市の北に位置する南丹市園部町

南丹市園部船阪親水公園
住所:〒622-0053
京都府南丹市園部町船阪 島河原21番地7

google Map

京都市内からは高速道路(京都縦貫自動車通)
を利用して約1時間程度。
最寄りの八木東ICからは10分です。


DSC_2820



















公園といっても駐車場があるだけで遊具もなくこんな感じ。
DSC_2821



















駐車場の入口に受付があるので係員もおりすぐに分かります。

車で田植えの準備をします。
と言っても服装だけですが。

田植えの様子

では実際に何をするのか?
どんな服装で臨めば良いのかを紹介していきます。

服装
帽子:日よけ
トップス:日よけの為、長袖推奨ですが実際は腕をまくるので半袖で良い。
ボトムズ:ひざ上までまくれる短パンが良い。
ぞうり:現場まであぜ道を歩く用。
靴下:要らない。靴下で入りましたが、泥んこの洗濯物が増えるだけなので
裸足で十分。
長靴:泥にハマるので専用の長いの以外は要らない。

時間
10時~16時まで。
早めに出発したので9時半に到着しましたが
すぐに体験を始めさせてもらえました。


受付を済ませて順路に沿ってあぜ道を行くと現場へ到着。
IMG_20190515_042935

















このあぜ道を進んで行きます。
IMG_20190515_043015





















ビニールシートが敷いてあるので、そこに荷物やぞうりを置きます。

IMG_20190515_042949
















1人当たりがこの量。

この塊から3~5本を外して植えます。

だいたい20cm間隔で(スコップの幅なので示してくれます)
2列にして泥の中に指が埋まるぐらいまで植える。

後ろに下がっていきながら作業しますので
もちろん1直線には出来ず、斜めになります。

昔の人はこれをまっすぐに植えたらしい。

泥に入ると足をとられます。
子供は何度か足が抜けなくなっていました。(⌒∇⌒)

子供達は“楽しむ”や“経験する”といった目的ではないので
黙々と作業をこなします。
楽しめたのかは微妙。
DSC_2801



















見にくいですが実際に植えたのがこんな感じです。

長男と次男は作業をしてくれましたが
下の3歳児は泥を怖がって入れませんでした。

時間にして10分ぐらいで田植え終了。
体験なのですぐに終わります。

しかしながら
これで帰れる訳ではなかった・・・

DSC_2819



















おもむろに用意されている...

遊び場

子供は、“田植え”よりも“泥んこ”に興味があるようで・・・

泥んこ遊びが始まります。

田植え体験が終わった子供達が続々と参加。

ここで子供の泥遊びBEST5

・泥へダイブ
・泥んこかけっこ
・泥のかけあい
・泥で寝転がる
・泥でおにぎり🍙

と、まあこんな感じでしょうか。
大人たちは苦笑い。

田植え体験と泥んこ遊びが終わると終了。

もちろん「もう帰ろう」と再三の催促の結果ですが...

ひとしきり遊んで終了。

泥んこの後は

ビニールシートがもう一か所敷いてあり
井戸水が流れている水路があるので
そこで手と足の泥を落とします。

ぞうりであぜ道を進み、駐車場へ戻ります。

トイレの蛇口からホースが引っぱってあるので
ここでぞうりの泥を落とします。

手足の泥も落として
ベンチで子供達を着替えさせました。

着替える場所はないので私は一応車で。
 
子供達を公園で遊ばせている間に
泥んこの服の片付け。

水で泥を出来るだけ落としてビニール袋へ。

気をつけること

ここで気をつけたいのは

・子供はお腹が減っているので食べ物の用意をしておく

近くにコンビニや店舗もないので
軽食やおやつの用意は必要です。

帰りの支度が出来たのは11時。

泥遊びをしたので空腹の絶頂といった所でしょう。

間を持たす軽食やおやつの準備をしてなかったので
帰りの国道沿いの食堂で昼食にしました。

現地から食堂やコンビニまでは車で10分ぐらいです。

今後の予定

行事は年に3回
①田植え体験イベント 2019年5月10~12日
②稲刈り体験イベント 2019年9月初旬
③お米の受け渡し   2019年10月初旬

昨年は
田植えと稲刈りの体験イベントが出来なかった。

田植え体験はリベンジ出来たので
次は9月の稲刈りは是非チャレンジしたい。

一口オーナー制度の特典。

・園部産れんげ米こしひかり玄米30kg(12,000円相当)
・るり渓温泉入浴チケット12枚綴り(8,400円相当)
・るり渓レストランお食事券(2,000円分)
・イルミチケット引換券2名分(3,000円相当)

稲刈りまでに公園へ遊びにきて
実際に植えた稲を見る、なんて事をしたいです。

稲刈りまでが楽しみ。




【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】紹介

その他のおすすめスポット

【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】大内山動物園in三重県編

【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】京都編:嵐山モンキーパーク

まだ2記事しかありませんが
遊びに行ってどんどん更新していきます。

乞うご期待下さい。



夏休みの子連れで楽しめる家族旅行

【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】① エピソード7

【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in沖縄編① エピソード6




【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】大内山動物園について

3児の子煩悩パパ、ひろしぃです。

世間はゴールデンウィーク真っ只中。

子供達とお嫁様の実家のある三重県伊勢市へ
帰省中、もちろんここでも子連れで楽しめる
おすすめスポットを紹介します。

家族構成
長男:小学校4年生
次男:小学校1年生
三男:満3歳

小学校の兄達が楽しめつつ、3歳の末っ子を
連れていける場所が候補となります。

今回は“大内山動物園”。
地元の山の中にひっそりと存在する
これぞ知る人ぞ知る動物園です。

今回の移動は親から借りた車なので
移動や荷物に関する心配事は考えなくて良かった。

IMG_20190502_160429








大内山動物園

住所:〒519-3111
          三重県度会郡大紀町大内山530-4

電話番号:0598-72-2447

アクセス

DSC_3353



















山の中にある本当にひっそりとした動物園。

前回は長男が2歳ぐらいの時に来ているので
今回で2回目になります。

お金はどれくらいかかる?

 入園料
大人1,500円、小人500円(3歳からかかります)。
ちょいと高め。

IMG_20190502_161021

















更にゴールデンウイークは駐車場代もかかります。
500円ですが平日は無料。
駐車場も第1駐車場から第4駐車場まであり、私が訪れた5月2日は
全てがほぼ満車でした。

IMG_20190502_162658



















一番気になるのは食事代。
昼食は持参することをおすすめします。

食事が出来るテーブルが屋内と屋外に用意されています。
屋内
DSC_3356

















屋外

DSC_3357




















食事を販売しているお店はないですが自動販売機が
屋内に設置されております。
IMG_20190506_141523











見にくいので列記します。

たこ焼き 
¥370-
ホットドッグ 
¥370-
からあげチキン ¥370-
チキンポテト ¥370-
おにぎりからあげ ¥370-
焼きおにぎり ¥370-
フライドポテト ¥370-

書き間違いではなく全部370円です。

冷凍がチンされて出てくるので1個買うのに数分を要します。
家族連れの場合、価格と時間がかかり過ぎる為に
費用対効果はないですね。

繁忙期だと売り切れも想定されるので、元も子もなくります。

アイスクリームとカップラーメンの自動販売機も隣接していますが
他に食事の販売はないです。

繰り返しになりますが、持参をおすすめします。

私は伊勢から向かいましたので、三重県で勢力のある
“ぎゅーとら”でお弁当を購入して臨みました。

動物の種類は?

80種類以上いますが、こじんまりとした動物園です。

園内MAP
IMG_20190502_181951














迫力があるのは

ベンガルトラ
らいおん
ツキノワグマ

あたりでしょうか。
ぞうやキリン、カバもいませんので。


見どころ

見どころはなんといっても

もぐもぐタイムと称されている食事ですね。
IMG_20190502_160546















イベントスケジュールで確認する事が出来ます。

トラがお尻を向けた時は要注意で
おしっこをかけます。

なんと、次男がぶっかけられました。
注意書きでよく見かけるのですが
私も実際に見たのは初めてでした。

カメラを向けると猛ダッシュで威嚇してくる
お猿さんもいました。

まとめ

山の中にひっそりとたたずむ
こじんまりとした動物園なので
大きな期待をして訪れる場所ではない。

レストランもないです。

伊勢志摩辺りは水族館は充実していますが
動物園は少ないので、こういった所になります。

DSC_3374



















こんな滑り台もありました。
DSC_3385



















山の中にひっそりとたたずむ
大内山動物園。
IMG_20190502_160946

























ツイッター

FACEBOOK

おまけ

動物園を出たらすぐ
地元の大内山牛乳を販売している
“ミルクランド”があります。

IMG_20190502_161107










ソフトクリーム
シュークリーム
パン
etc
とありますが

ソフトクリームが大人気。

IMG_20190502_161140

























店内の様子。
お土産も販売しております。

DSC_3442



















動物園帰りの人は必ず訪れるようで超人気。

敷地横に用意されている駐車場も常に満車。

警備員も数人おり、入場する行列で付近の道が
渋滞しているほど。

私はまわしものではございませんが
是非お立ち寄り下さい。


他の【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】



子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット京都編:嵐山モンキーパーク



はじめに

子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行

という事で子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

昨年の夏に訪れた長野県&山梨県(2018年7月)
今回で3回目になります。

家族構成:私と嫁様
子供達は男3兄弟で(当時)
長男:小学校3年生
次男:年長
三男:2歳児
2歳児はまだまだ目が離せません。

4泊しましたが、すべて子供を中心にした
子連れで楽しめる家族旅行です。


 


【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】5日目

子連れで楽しめる家族旅行:5日目。

車山高原スカイパ-クホテル

朝食付きではなく、買い出し済のパンで朝食。

ホテルには売店もあったのでそこで購入も出来ますが
お土産が多かったですね。

子供達から一番評価の高った車山高原スカイパ-クホテルを
後にして向かうのは、昨夜子供達にアンケートをとった結果
なんと、リゾナーレのプール。

という事でリゾナーレ八ヶ岳へレッツゴー。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

今回2回目で9時に到着。

リゾナーレは今日からマルシェがあるので
もともと行く予定でした。

この八ヶ岳マルシェで販売されているとうもろこしが絶品。

リゾナーレ八ヶ岳 マルシェ

朝採れのとうもろこしでそのまま食べれます。

前回はじめて食べたのですが
そのおいしさにびっくりしました。

そのまま食べれる事にも驚きでした。
本当に生で食べれるとうもろこしです。
しかも糖度はメロン並み。

ゆでずにそのまま食べれる柔らかさ
新鮮さに加えて甘い。

子供もバクバク食べます。
その場で食べきってしまう圧巻の美味しさ。

本当に初めての体験でした。

思い出のとうもろこしだったので
出会えてうれしかった。

一番甘くて値段の高いトウモロコシは
収穫が出来なかったとの事でしたが
それでもすっごくおいしかったです。
ご馳走様でした。

マルシェでは子供達メがロンパンを買っていました。

その間私は2歳のチビと追いかけっこ。
リゾナーレは広いので子供も走り回れます。

待て待てぇ~

そのままリゾナーレのプールへ。

イルマーレ

イルマーレ

1日券だとかなり高いですが
子供達のリクエストなのでやむを得ずプール参戦。

DSC08976


























2回目なので詳細は割愛します。

プールで散々遊んで終了。

マルシェで買ったパンを食べながらいざ京都へ出発💨

長野県、山梨県たくさん楽しませてくれてありがとう。

最後に

4泊でしたがあっという間に終わりです。

毎年恒例となった

子連れで楽しめる夏休みの家族旅行。

子供達は今でも
「お父さん次に長野はいつ行くの?」が口癖です。

なので来年の夏休みも長野県、山梨県に決定。

最後まで読んで頂きありがとうございます。


子供と一緒に楽しめる事を色々と書いていこうと思っております。



初日からはこちら
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】①エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】②エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】③エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】④エピソード7










はじめに

子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行

という事で子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

昨年の夏に訪れた長野県&山梨県(2018年7月)
今回で3回目になります。

家族構成:私と嫁様
子供達は男3兄弟で(当時)
長男:小学校3年生
次男:年長
三男:2歳児
2歳児はまだまだ目が離せません。

4泊しましたが、すべて子供を中心にした
子連れで楽しめる家族旅行です。


 

【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】:3日目

昨夜の疲れをみせずに家族で起床。

ホテルは朝食付きなので皆で食事を済ませる。

八ヶ岳エレガンスは本日で終わりなので
身支度を済ませてチェックアウト。

今日の最初の目的地

【シャトレーゼ白州工場】

に向けて出発。

シャトレーゼ白州工場

9時にシャトレーゼ白州工場へ到着

シャトレーゼ白州工場

こちらは事前に予約をして工場見学をするのですが
目的はアイスの食べ放題。

シャトレーゼのアイスが冷凍庫に入っているので
ガラス張りの向こうにある工場内部を見ながらアイスが食べれます。

自分で勝手に取って食べれるので遠慮せず食べれました。

私は3本で限界。
子供達も3本ぐらいだったと思います。
嫁様も3本だったとここでは書いておきます(笑)。

DSC09034

















大人気なので予約制になったほど。
9時からの1番早い枠でしたがいっぱいでした。

次は昼食を兼ねて清泉寮へ

清泉寮

清泉寮

ここは、はじめて来ました。

レストランで昼食

ここでは嫁様のお友達と一緒に昼食をしました。
通称パトロン姉さん。
DSC09054

















リニューアルしたようで何もかもが新しい。

レストラン、ショップ、公園と色々楽しめます。

だだっ広い草原で走り回って遊べました。

広すぎて駐車場へ戻るのが遠かったので
家族を置いて私が車をとりに行きました。

そのぐらい広くただただ歩き廻りました。
DSC09049


























定番のソフトクリーム。

本日宿泊する
“山本小屋ふる里館”
へ出発

本日の宿は少し離れており、移動に1時間40分かります。
旅行中の移動では最長。

諏訪湖を超えて高速を走りますが
もちろん家族みんなは車中で寝ております。

目的地は標高が高く途中で絶景スポットが何か所かあります。

子供が寝ている時はひたすら走り
起きていると絶景スポットで休憩。
ってな感じで走り続けて目的地へ・・・。

すごく景色の良い宿なので
子供達のテンションを上げながら進みます。

そうでもしないと子供達は移動時間がもたないので・・・。

DSC09121

















それでも行く価値がこの宿にはあります。
子連れで楽しめる宿、No.1です。

山本小屋ふる里館

山本小屋ふる里館

ここは今回一番値段の高い宿。

なんといっても接客が素晴らしいです。

本当に喜んでほしいという想いが伝わってきますので
リピーターがほとんどを占めます。

そして連泊は出来ません。
少しでも多くの人に喜んでほしい
というオーナーの思いからです。

標高が高いのでタイミングが良ければ雲海がみえます。

今回は到着してすぐに雲海が見れました。
雲海で親のテンションはMAX。
子供達もそれに合わせてなんかテンションUP(笑)。

DSC09184

















子供に大変優しい宿であり
子供目線でどのスタッフも接してくれます。

チェックインからスタッフさんはテンション高いです。

夕飯まで少し時間があるので
館内探検の後はきれいな夕やけを見にお外へ散歩。

DSC09231

















きれいな夕焼けに見とれた後は夕飯。

夕食も子供にすごく気を使ってくれて
おもちゃや絵本を都度持ってきてくれます。

もちろん記念撮影も快くやってくれますよ。

おいしい夕飯の後は夜のツアーに参加。

夜のツアー
星をめちゃめちゃ大きな望遠鏡で見たり
バスで夜の牧場へドライブして生態系の説明など。

残念ながら雲がかかっており星が良く見えませんでした。

翌日に聞いたのですが
この日は夜中の2時くらいには星が綺麗に見えたそう。

真夏ですが、標高が高い為に夜は肌寒い。
長袖の、はおりものがあった方が良いです。

宿に帰ってからはビンゴゲームやジャンケンゲームで
子供をスゴく楽しませてくれます。

お菓子やワインをゲット。

ひとしきり遊んで夜のツアーは終了。
子供達も大満足でした。

こちらもエアコンはなかったです。
本当に近年は7月末の1週間だけ、部屋の中が暑いらしい。

外はひんやりするので、半袖では無理。
宿の廊下と部屋の中では、サーキュレーターをブンブンつけてました。

家族で貸切露天風呂でお風呂。

夜は家族で宴会です。

明日の朝はツアーに出かけるので
この日は早めに就寝。

3日目終了。

続きはこちら
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】④エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】⑤エピソード7


初日からはこちら
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】①エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】②エピソード7

 


はじめに

子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行

という事で子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

昨年の夏に訪れた長野県&山梨県(2018年7月)
今回で3回目になります。

家族構成:私と嫁様
子供達は男3兄弟で(当時)
長男:小学校3年生
次男:年長
三男:2歳児
2歳児はまだまだ目が離せません。

4泊しましたが、すべて子供を中心にした
子連れで楽しめる家族旅行です。


 

【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】2日目

昨夜の疲れをみせずに家族で起床。

ホテルは朝食付きなので皆で食事を済ませる。

今日の最初の目的地

【野辺山SLランド】

に向けて出発。

野辺山SLランド

9時に野辺山SLランドへ到着。
今回で3回目。

DSC08853


















本物のSLの乗れるだけでなく、
他にも色々な乗り物があり子供はすごく楽しめます。

スイスレーティッシュ鉄道、ゴーカート、レインボートレイン、ソーラーカー等々
suisu01


















乗り物に多少お金がかかりますが、
うちは男の子なので乗り物はすごく楽しめます。

あれやこれやと色んな乗り物に乗って
子供達は大はしゃぎするので、家族で楽しめます。

もちろん私は2歳のチビを横目に
走り回ってカメラを撮りまくり。

残念な事に2018年8月末で閉園。
公式HPもなくなりました。

一応オーナーに残念だと伝えましたが
これはもうどうしようもないそうです。
名残惜しい。

そば三分一

昼食
そば三分一
3回目ですがおいしいので通ってます。

信州といえば蕎麦ですよね。
数ある蕎麦屋さんの中から選んだ理由は、
店内が広く子供に優しい雰囲気のお店だったから。

公園も隣接しており、子連れには色々と都合が良く楽しめます。

蕎麦を作っている所を見れるので、もちろん子供達は興味津々。

蕎麦を打っているおじちゃんも愛嬌があり手を振ってくれます。

そんなのいいから頑張って仕事をして下さい(笑)。
DSC08871

















DSC08876

















おいしい蕎麦を堪能した後は、隣にある公園で子供達を開放。

すぐ横にこういう遊び場があると非常に助かりますね。

子供達には“ゆっくりする”や“くつろぐ”という感覚はないので
常に走り回っています。

DSC08887


























ほっといたら何時間でも遊んでますが
旅行なので予定がある為に早々に切り上げる。

次の目的地
【まきば公園】へ出発。

まきば公園

まきば公園

雄大な山の中にある牧場です。
牛、馬、羊が広大な牧場で飼育されています。

都会では味わえない感覚です。

DSC08913

















都会でも動物園とかで羊と戯れる事は出来ますが
ここはとにかく広い。
広大な牧場で飼いならされている羊達を
探してさわりにいく感じ。

どこに行っても羊にあたるとかそんな事はないです。
六甲牧場をイメージしています)

牛さんの場所は少し離れていますので
子連れで全体を歩き回るのは少し厳しいですが
駐車場が2ヶ所あるので、車での移動もありです。

私は子供2人を一気に抱っこして廻りました。
ダブル抱っこ(2人を同時にだっこする事)して走ると
すごく喜ぶので、楽しみながら牧場を満喫。

レストランもあり定番のソフトクリーム食べたりして
のんびり出来ます。

プールを楽しむために次の目的地
【リゾナーレ八ヶ岳】へ向けて出発。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

ここは高くて泊まれないので、プールを楽しみに来ました。
16時からだと少し安くなるので16時に到着。
それでも高いのですがね・・・。
旅行なので訪れました。

通常
大人は3,800円 / 3歳~小学生 1,900円 2歳以下無料
【16時以降】
大人は2,400円 / 3歳~小学生 1,200円 2歳以下無料

今年からキッズコーナーが新設されており
子連れですごく楽しめました。

キッズコーナーでは色んな仕掛けで
水遊びが出来るようになっており
2歳児はもちろんのこと年長の子も
笑いながら不規則に出てくる水を堪能しておりました。

距離の違う3種類のすべり台があり
帰らなくなるくらい子供達は楽しみました。

ちなみにすべり台は大人も出来ます。
kids_area_landscape

















リゾートホテルなので監視員が常に子供の安全を見守ってくれます。

キッズエリアの充実、波の出るプールもあり小学生の子供とも
十分すぎるくらい楽しめました。

お金持ちになったような感覚を覚えます。

前回は会社の優先予約枠で、素泊まり1人7,000円で泊まれたのですが
今回は外れたので宿泊はしない。

この施設のもくもくの湯という風呂場は
外の露天風呂に出会いの湯があり、
家族が集合出来るようになっています。

子供が気に入っていたので今回も行きたかったのですが
来年に再度チャレンジします。
ちなみにお風呂は宿泊者専用。

プール閉店の20時ギリギリまで遊ぶ。

近くの店で夕飯。

るるぶで調べていたお店が休みだったので
急遽開いてるお店へなだれ込み。

アジアンテイストなお店で、子供には合わないかと思いましたが
辛いの以外を店員さんにチョイス頂き夕飯終了。

DSC09000

















本日も昨夜と同じホテル

【八ヶ岳エレガンス】

へ向けて出発。

八ヶ岳エレガンス

昨日に引き続き会社の保養所に宿泊。

八ヶ岳エレガンス

本日も部屋で家族まったり。

私は深夜まで会社のPCでお仕事をしてから就寝。

2日目終了

続きはこちら
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】③エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】④エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】⑤エピソード7

初日はこちら
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】①エピソード7








↑このページのトップヘ