カテゴリ: 子連れで楽しめる

1.【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】甲賀の里忍術村

【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】

休日に子供達とお出かけする時に
子連れで楽しめる、おすすめスポットの紹介です。

Samurai Engineer


今回は

甲賀の里忍術村

を紹介します。

家族構成
長男:小学4年
次男:小学1年
三男:3歳

男3兄弟の “甲賀の里忍術村” 体験記。

IMG_20190627_042736

行く途中のトイレ休憩で立ち寄った
大津ICで撮った琵琶湖です。

2.甲賀の里忍術村の情報

甲賀の里忍術村について

①場所
②費用
③内容


順に説明していきます。



①場所


住所:滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394

GoogleMap

駐車場は東口駐車場と西口駐車場と第三駐車場
とありますが、西口駐車場が最寄です。

京都市内からは約1時間。
新名神の甲南ICでおります。

開村時間
平日:10:00~16:00
休日:9:00~17:00
定休日:主に月曜日

詳しくは スケジュールカレンダー

IMG_20190627_042407

こんな場所です。

②費用

いくらかかるの?
親としてはここが一番気になりますよね。

入村料(2019年9月30日まで)

大人:¥1,030-
中高生:¥820-
小人:¥730-
幼児:¥520-
2歳以下のお子様は無料

HPに入村割引券があるので印刷すると
1枚で5人まで、1人あたり100円の割引。

入村割引券

私は5人家族だったので、割引を合算して¥3,540円でした。

貸衣装

IMG_20190627_042012

これは必須ではないですが
子供達が凄く可愛い姿になるので
私はオススメします。
IMG_20190627_041609

子供達だけなので
合計で ¥2,130-

食事

食堂(茶屋)があります。
IMG_20190627_041403

入口の横にありますので
すぐに分かります。

茶屋の手前にテーブルと椅子が並んでます。
テーブルは10個ぐらいだったと思います。

メニューはこちら。
IMG_20190627_041521

テーブルでは持ち込みもO.K.な雰囲気です。

外出先での食費って結構かかりますよね。
お弁当を持参する事をオススメします。

食事は持参していきましたが
かき氷もメニューにあったので
子供達はオーダーしてました。(^_^;)

③内容
メインの忍者体験については後述するので
ここではそれ以外の見物施設の紹介をします。

・甲賀忍術博物館

文字通り博物館で武器等色々展示されています。

・からくり忍者屋敷
IMG_20190627_042110

IMG_20190627_041737

ここでは敵襲に備えての
忍者屋敷のからくりを教えてくれます。

お~、
なるほど。
と言った内容です。

子供達は抜け穴に大興奮。(⌒∇⌒)

・忍者道場
・手裏剣道場

共に後述します。

・手作り体験道場

事前予約必要で焼き物が体験できる。
【詳しくは・・・】

・志熊備神社

神社です。

・大仏の手
IMG_20190627_042135

なんか記念撮影してしまいます。

・霧隠荘
IMG_20190627_042510

IMG_20190627_042547

凄く怪しい感じがしました。

一昔前の旅館みたいな雰囲気で
今は使われていないような感じでしたが
ホームページを見ると「忍術バーベキュー」が
堪能出来るそうな…。

・売店

お土産屋さん
忍者アイテムを多数取り揃えられています。

地味に「忍術村せんべい」が美味しかった。
反対したけれど買った長男に
家族一同感謝したぐらい。(⌒∇⌒)

・猿飛佐助の碑

実在した人物ではないようです。




3.忍者体験ではどんなことが出来るの?

やっと本題。
お待たせしました。

忍者体験について紹介します。

忍者道場
 ①石垣登り
 ②塀越え
 ③塀横歩き
 ④壁づたい
 ⑤綱渡り
 ⑥坂道上り
 ⑦一本渡り
 ⑧井戸抜け
 ⑨水蜘蛛
手裏剣道場(¥300‐必要)
 手裏剣投げ


上記を体験出来ます。



スタッフが忍術体験をガイドしてくれる
時間帯もあります。

放送が入るので集合すれば誰でも無料で参加出来ます。

私が訪れた時は10時から開始でした。
不定期ですが何回かやられています。

4.忍者体験の詳細

それぞれの詳細を紹介していきます。

忍者道場
①石垣登り
IMG_20190627_042330

この石垣を登ります。
石と石の間に手と足を乗せて登っていきます。

低くて登りやすい場所もあるので、未就学児でも登れます。

②塀越え
IMG_20190627_042257

大人の肩ぐらいの高さです。
高さ的に小学生ぐらいでないと難しいですが
大人の補助の元、ちびっ子も登れます。

③塀横歩き
IMG_20190627_042235

ただ単に横歩きです。
足場もそこそこの幅はあるので、こちらは楽勝。

④壁づたい
line_885381441061770











 







やっと私の登場です。
切れ目に手と足を入れて横に進んでいきます。

切れ目が3段階の高さなので
高さがうまく合わない子供は難しいですね。

腕の力が続けばクリア出来ます。

ちなみに私はボルダリング経験者なので
楽勝でした。✌

⑤綱渡り

行った時は中止だったので詳細分からず。
ホームページ参照

⑥坂道上り

こちらも行けておりません。
ホームページ参照

⑦一本渡り

同じく行けておりません。
ホームページ参照


⑧井戸抜け
IMG_20190627_041807

このはしごで下に降りて地下道を通り
近くの屋敷の裏に出ます。

⑨水蜘蛛

line_884948743544071

ザ・忍者って感じです。
ロープを頼りに渡っていきます。
感覚をつかめれば楽勝です。

写真は成功例で、1回目は池に落ちましたので
着替えを持ってきて正解でした。

お子さんの分も含めて着替えは用意して下さい。

手裏剣道場(¥300‐必要)
手裏剣投げ
IMG_20190627_041941

少しはなれた所にあり
唯一お金がかかります。

300円で10枚ぐらい投げれたと思います。

IMG_20190627_041844

おじさんが投げ方を教えてくれるので
的に向かって手裏剣を投げます。

投げているところを写真撮影できる場所もあり
終われば中に入って記念撮影も出来ます。






一番込み合うので早く来られた方は
最初に体験するのをオススメします。

5.まとめ

子供も親もすごく楽しめるのでオススメします。

子供が飽きるまでの勝負、昼食までに
どれだけ周れるかですね。



うちの子はあまり活発な方ではないので
一巡せずに終わりましたが、
お土産屋さんで忍者グッズを見たり
ガチャガチャしたり
かき氷を食べたり
なんやかんや楽しめます。

前回は1年ぐらい前で
その時次男は年長でしたが
全部の業を体験出来たので
小学生でなくても十分楽しめます。

昼食は持参したので
ここで使ったお金は
¥6,570‐(入村料、貸衣装、手裏剣道場)
お土産、ガチャガチャ、かき氷は含まず。

京都市内から約1時間で来れますが
少し出費するのでたまに来るぐらいが
丁度良いと思います。

どこかへ遊びに行きたいな
という時は十分候補になる
子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポットです。

くれぐれも着替えの準備は忘れずに。




6.【子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット】の紹介

その他の子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

【子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット】大内山動物園in三重県編

【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】京都編:嵐山モンキーパーク

【子連れで楽しめる田植え体験】in京都:るり渓ファーム田んぼ一口オーナー

【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】ショベルカーランド京都

遊びに行ってどんどん更新していきます。

7.他の使用経験

その他の使用経験記事の紹介

【ふとんの湿気対策:すのこマット】ロール式の使用経験

【バリカン】使用経験:フィリップスQC5572(完全防水でコードレス)





1.ショベルカーランド京都


【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】

休日に子供達とお出かけする際に
子連れで楽しめる、おすすめスポットの紹介です。



今回の楽しい遊び場は

ショベルカーランド京都

に行ってきました。

凄く良かったので紹介します。

家族構成
長男:小学校4年生
次男:小学校1年生
三男:3歳

男3兄弟の “ショベルカーランド京都” 体験記。

ショベルカーランド京都

住所
〒610-1106
京都府京都市西京区大枝沓掛町26-279

営業時間
10:00~17:00

電話番号
075-874-5206

メールアドレス
kazimaku@yahoo.co.jp

定休日
月曜日

Google Map

山の上にあるので車でしか行けないですね。
道幅は広いのですがボコボコの坂道を登った先にあります。

IMG_20190604_035705

まわりはこんな感じです。

DSC_3437

思ったよりも狭かった。
広くはないです。

おじさんが一人で切り盛りしており
1グループしか対処出来ないので予約必須です。

2.何ができる?


では何が出来るのか?ですが
本物のショベルカーを運転出来る。

子供達が実際のショベルカーを動かすので
見ている親はテンション上がります。

写真ばかりを撮ってしまいますが
子供達は真剣そのもの。(⌒∇⌒)

動かすのは2台のショベルカー

IMG_20190604_035546

こちらの小さい方のショベルカーで
記念撮影
前進、後進、回転
をやります。

IMG_20190604_040133

こちらの大きい方のショベルカーでは
ショベルカーブランコ
前進、後進、回転
土すくい
をやります。

何と言っても土すくいが醍醐味ですね。

3.費用は?


気になる費用ですが
初心者たいけんコースが2,000円。

IMG_20190604_035759

遊びながら運転体験出来ます。
所要時間は一人40分程度。

IMG_20190604_035629

こども工事現場は500円。

こちらは土日祝しかやっていませんが
私が行った時は重機がイベントで出払っており
遊べなかったので詳細を報告出来ず。

食事をする所も販売もしていないので
これ以上にお金はかかりません。

飲み物の自動販売機だけがあります。


4.ショベルカーと記念撮影


まずは、小さい方のショベルカーで記念撮影から始まります。

名前とかの書類を書いたり
初心者たいけんコースの説明もなしに
おじさんが表れて、いきなりスタートします。

ここに多少の戸惑い有り。(^_^;)

子供達3人ともヘルメット着用し記念撮影。



3歳児が楽しめたのはここまで。

いざエンジンがかかると怖がって
乗らなくなったので、参加できたのは記念撮影だけ。

残念でしたが、すごくご機嫌な写真が撮れました。

5.ショベルカーで前進、後進


ここから実際にスタート。

おじさんから運転の諸説明を受けてエンジンをかけます。
子供達の表情は真剣そのもの。

ショベルカーの腕の部分を上げて伸ばして
地面につけて機体を持ち上げたり。

車輪部分はそのままで機体の胴体部分のみで
その場で回転。

直線で30m程度を前進し、後進して戻ります。

親達はショベルカーを回り込んで
ひたすら写真を撮ってしまいます。

今度は機体全体でその場で回転。
右の車輪は前進、左の車輪を後進させると
キュルキュルと音をたてながら回転します。

へぇーっと思いながら見学です。




6.ショベルカーでブランコ


ショベルカーの先に椅子を取り付けて
ブランコの完成。

IMG_20190604_035434

これを持ち上げてグルグル間移転します。
最初のショベルカーの操作は私がさせてもらいました。

ゆっくりと早めと2人揃ってと
合計で6回ぐらいまわります。

今回は特別との事で立ちながら回れる
円盤でも1周しました。
(リップサービスかな?)

写真撮り忘れました。m(__)m


7.ショベルカーで前進、後進2


工事現場っぽくなってきました。

IMG_20190604_035824



こちらの大きい方のショベルカーでの
前進は坂道発進となります。

坂道でもショベルカーの馬力はすごいので
全く関係なかったです。

後進するときは、機体の胴体部分のみを
半回転させてターンをするので
今度は前進してきたのと同じレバー操作で
後進します。

ちょっと表記の仕方が難しいので
うまく伝わらないかもですが....

子供達のとまどいの表情が印象的でした。

8.ショベルカーで土すくい


ショベルカーランドのメインイベント
土すくいです。

ショベルカーですくった土を
ダンプカーに載せていきます。


DSC_3433

実際の工事現場さながら。

DSC_3384

おじさんの指示のもと
子供達は真剣な表情で作業をこなしていく。

IMG_20190604_035326

こうやってちゃんとダンプカーに
土を載せれます。

最後は載せた土を戻します。
リアル工事現場です。(⌒∇⌒)

DSC_3425


これにて終了。

2人で合計100分程でした。
もちろん子供達は大満足。

9.まとめ


ショベルカーランド京都は
本物のショベルカーを動かせるので
貴重な体験が出来る場所。

子連れで楽しめる遊び場でした。

おじさんも非常に優しく丁寧な方で
子供が好きな様子がにじみでており
全然イラッとされていなかった…
見習わないといけません。

1人2,000円のたいけんコースは
価値に見合う価格だと思います。

3歳児は参加拒否をしたので
操作出来ませんでしたが
自分の大事なショベルカーのおもちゃを
持参していたので、それで遊んで満足気。



トータル全員が楽しめました。

3人で予約していたので
6,000円を払う覚悟だったのですが
普通に4,000円で良いとの事でした。

おじさんありがとうございます。

ここまでお付き合いありがとうございます。

家族でのお出かけで
子連れで楽しめるおすすめスポットを
これからも紹介していきます。

10.【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】紹介


その他の子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】大内山動物園in三重県編

【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】京都編:嵐山モンキーパーク

【子連れで楽しめる田植え体験】in京都:るり渓ファーム田んぼ一口オーナー


遊びに行ってどんどん更新していきます。

乞うご期待下さい。


子連れで楽しめる田植え体験

3児の子煩悩パパ、ひろしぃです。

子連れで楽しめるおすすめスポットの紹介。
今回は田植え体験。

親の私達も田植えをした事がなく
子供への教育の一環で参加。

1年間のオーナー制度で米作りを体験出来る。
年間1万5千円で参加しており今回はその費用内

制度についてはこちらを参考に
田んぼ一口オーナー


我が家の家族構成
長男:小学校4年生
次男:小学校1年生
三男:満3歳

場所は南丹市園部町

場所は京都市の北に位置する南丹市園部町

南丹市園部船阪親水公園
住所:〒622-0053
京都府南丹市園部町船阪 島河原21番地7

google Map

京都市内からは高速道路(京都縦貫自動車通)
を利用して約1時間程度。
最寄りの八木東ICからは10分です。


DSC_2820



















公園といっても駐車場があるだけで遊具もなくこんな感じ。
DSC_2821



















駐車場の入口に受付があるので係員もおりすぐに分かります。

車で田植えの準備をします。
と言っても服装だけですが。

田植えの様子

では実際に何をするのか?
どんな服装で臨めば良いのかを紹介していきます。

服装
帽子:日よけ
トップス:日よけの為、長袖推奨ですが実際は腕をまくるので半袖で良い。
ボトムズ:ひざ上までまくれる短パンが良い。
ぞうり:現場まであぜ道を歩く用。
靴下:要らない。靴下で入りましたが、泥んこの洗濯物が増えるだけなので
裸足で十分。
長靴:泥にハマるので専用の長いの以外は要らない。

時間
10時~16時まで。
早めに出発したので9時半に到着しましたが
すぐに体験を始めさせてもらえました。


受付を済ませて順路に沿ってあぜ道を行くと現場へ到着。
IMG_20190515_042935

















このあぜ道を進んで行きます。
IMG_20190515_043015





















ビニールシートが敷いてあるので、そこに荷物やぞうりを置きます。

IMG_20190515_042949
















1人当たりがこの量。

この塊から3~5本を外して植えます。

だいたい20cm間隔で(スコップの幅なので示してくれます)
2列にして泥の中に指が埋まるぐらいまで植える。

後ろに下がっていきながら作業しますので
もちろん1直線には出来ず、斜めになります。

昔の人はこれをまっすぐに植えたらしい。

泥に入ると足をとられます。
子供は何度か足が抜けなくなっていました。(⌒∇⌒)

子供達は“楽しむ”や“経験する”といった目的ではないので
黙々と作業をこなします。
楽しめたのかは微妙。
DSC_2801



















見にくいですが実際に植えたのがこんな感じです。

長男と次男は作業をしてくれましたが
下の3歳児は泥を怖がって入れませんでした。

時間にして10分ぐらいで田植え終了。
体験なのですぐに終わります。

しかしながら
これで帰れる訳ではなかった・・・

DSC_2819



















おもむろに用意されている...

遊び場

子供は、“田植え”よりも“泥んこ”に興味があるようで・・・

泥んこ遊びが始まります。

田植え体験が終わった子供達が続々と参加。

ここで子供の泥遊びBEST5

・泥へダイブ
・泥んこかけっこ
・泥のかけあい
・泥で寝転がる
・泥でおにぎり🍙

と、まあこんな感じでしょうか。
大人たちは苦笑い。

田植え体験と泥んこ遊びが終わると終了。

もちろん「もう帰ろう」と再三の催促の結果ですが...

ひとしきり遊んで終了。

泥んこの後は

ビニールシートがもう一か所敷いてあり
井戸水が流れている水路があるので
そこで手と足の泥を落とします。

ぞうりであぜ道を進み、駐車場へ戻ります。

トイレの蛇口からホースが引っぱってあるので
ここでぞうりの泥を落とします。

手足の泥も落として
ベンチで子供達を着替えさせました。

着替える場所はないので私は一応車で。
 
子供達を公園で遊ばせている間に
泥んこの服の片付け。

水で泥を出来るだけ落としてビニール袋へ。

気をつけること

ここで気をつけたいのは

・子供はお腹が減っているので食べ物の用意をしておく

近くにコンビニや店舗もないので
軽食やおやつの用意は必要です。

帰りの支度が出来たのは11時。

泥遊びをしたので空腹の絶頂といった所でしょう。

間を持たす軽食やおやつの準備をしてなかったので
帰りの国道沿いの食堂で昼食にしました。

現地から食堂やコンビニまでは車で10分ぐらいです。

今後の予定

行事は年に3回
①田植え体験イベント 2019年5月10~12日
②稲刈り体験イベント 2019年9月初旬
③お米の受け渡し   2019年10月初旬

昨年は
田植えと稲刈りの体験イベントが出来なかった。

田植え体験はリベンジ出来たので
次は9月の稲刈りは是非チャレンジしたい。

一口オーナー制度の特典。

・園部産れんげ米こしひかり玄米30kg(12,000円相当)
・るり渓温泉入浴チケット12枚綴り(8,400円相当)
・るり渓レストランお食事券(2,000円分)
・イルミチケット引換券2名分(3,000円相当)

稲刈りまでに公園へ遊びにきて
実際に植えた稲を見る、なんて事をしたいです。

稲刈りまでが楽しみ。




【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】紹介

その他のおすすめスポット

【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】大内山動物園in三重県編

【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】京都編:嵐山モンキーパーク

まだ2記事しかありませんが
遊びに行ってどんどん更新していきます。

乞うご期待下さい。



夏休みの子連れで楽しめる家族旅行

【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】① エピソード7

【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in沖縄編① エピソード6




【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】大内山動物園について

3児の子煩悩パパ、ひろしぃです。

世間はゴールデンウィーク真っ只中。

子供達とお嫁様の実家のある三重県伊勢市へ
帰省中、もちろんここでも子連れで楽しめる
おすすめスポットを紹介します。

家族構成
長男:小学校4年生
次男:小学校1年生
三男:満3歳

小学校の兄達が楽しめつつ、3歳の末っ子を
連れていける場所が候補となります。

今回は“大内山動物園”。
地元の山の中にひっそりと存在する
これぞ知る人ぞ知る動物園です。

今回の移動は親から借りた車なので
移動や荷物に関する心配事は考えなくて良かった。

IMG_20190502_160429








大内山動物園

住所:〒519-3111
          三重県度会郡大紀町大内山530-4

電話番号:0598-72-2447

アクセス

DSC_3353



















山の中にある本当にひっそりとした動物園。

前回は長男が2歳ぐらいの時に来ているので
今回で2回目になります。

お金はどれくらいかかる?

 入園料
大人1,500円、小人500円(3歳からかかります)。
ちょいと高め。

IMG_20190502_161021

















更にゴールデンウイークは駐車場代もかかります。
500円ですが平日は無料。
駐車場も第1駐車場から第4駐車場まであり、私が訪れた5月2日は
全てがほぼ満車でした。

IMG_20190502_162658



















一番気になるのは食事代。
昼食は持参することをおすすめします。

食事が出来るテーブルが屋内と屋外に用意されています。
屋内
DSC_3356

















屋外

DSC_3357




















食事を販売しているお店はないですが自動販売機が
屋内に設置されております。
IMG_20190506_141523











見にくいので列記します。

たこ焼き 
¥370-
ホットドッグ 
¥370-
からあげチキン ¥370-
チキンポテト ¥370-
おにぎりからあげ ¥370-
焼きおにぎり ¥370-
フライドポテト ¥370-

書き間違いではなく全部370円です。

冷凍がチンされて出てくるので1個買うのに数分を要します。
家族連れの場合、価格と時間がかかり過ぎる為に
費用対効果はないですね。

繁忙期だと売り切れも想定されるので、元も子もなくります。

アイスクリームとカップラーメンの自動販売機も隣接していますが
他に食事の販売はないです。

繰り返しになりますが、持参をおすすめします。

私は伊勢から向かいましたので、三重県で勢力のある
“ぎゅーとら”でお弁当を購入して臨みました。

動物の種類は?

80種類以上いますが、こじんまりとした動物園です。

園内MAP
IMG_20190502_181951














迫力があるのは

ベンガルトラ
らいおん
ツキノワグマ

あたりでしょうか。
ぞうやキリン、カバもいませんので。


見どころ

見どころはなんといっても

もぐもぐタイムと称されている食事ですね。
IMG_20190502_160546















イベントスケジュールで確認する事が出来ます。

トラがお尻を向けた時は要注意で
おしっこをかけます。

なんと、次男がぶっかけられました。
注意書きでよく見かけるのですが
私も実際に見たのは初めてでした。

カメラを向けると猛ダッシュで威嚇してくる
お猿さんもいました。

まとめ

山の中にひっそりとたたずむ
こじんまりとした動物園なので
大きな期待をして訪れる場所ではない。

レストランもないです。

伊勢志摩辺りは水族館は充実していますが
動物園は少ないので、こういった所になります。

DSC_3374



















こんな滑り台もありました。
DSC_3385



















山の中にひっそりとたたずむ
大内山動物園。
IMG_20190502_160946

























ツイッター

FACEBOOK

おまけ

動物園を出たらすぐ
地元の大内山牛乳を販売している
“ミルクランド”があります。

IMG_20190502_161107










ソフトクリーム
シュークリーム
パン
etc
とありますが

ソフトクリームが大人気。

IMG_20190502_161140

























店内の様子。
お土産も販売しております。

DSC_3442



















動物園帰りの人は必ず訪れるようで超人気。

敷地横に用意されている駐車場も常に満車。

警備員も数人おり、入場する行列で付近の道が
渋滞しているほど。

私はまわしものではございませんが
是非お立ち寄り下さい。


他の【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】



子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット京都編:嵐山モンキーパーク



はじめに

子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行

という事で子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

昨年の夏に訪れた長野県&山梨県(2018年7月)
今回で3回目になります。

家族構成:私と嫁様
子供達は男3兄弟で(当時)
長男:小学校3年生
次男:年長
三男:2歳児
2歳児はまだまだ目が離せません。

4泊しましたが、すべて子供を中心にした
子連れで楽しめる家族旅行です。


 


【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】5日目

子連れで楽しめる家族旅行:5日目。

車山高原スカイパ-クホテル

朝食付きではなく、買い出し済のパンで朝食。

ホテルには売店もあったのでそこで購入も出来ますが
お土産が多かったですね。

子供達から一番評価の高った車山高原スカイパ-クホテルを
後にして向かうのは、昨夜子供達にアンケートをとった結果
なんと、リゾナーレのプール。

という事でリゾナーレ八ヶ岳へレッツゴー。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

今回2回目で9時に到着。

リゾナーレは今日からマルシェがあるので
もともと行く予定でした。

この八ヶ岳マルシェで販売されているとうもろこしが絶品。

リゾナーレ八ヶ岳 マルシェ

朝採れのとうもろこしでそのまま食べれます。

前回はじめて食べたのですが
そのおいしさにびっくりしました。

そのまま食べれる事にも驚きでした。
本当に生で食べれるとうもろこしです。
しかも糖度はメロン並み。

ゆでずにそのまま食べれる柔らかさ
新鮮さに加えて甘い。

子供もバクバク食べます。
その場で食べきってしまう圧巻の美味しさ。

本当に初めての体験でした。

思い出のとうもろこしだったので
出会えてうれしかった。

一番甘くて値段の高いトウモロコシは
収穫が出来なかったとの事でしたが
それでもすっごくおいしかったです。
ご馳走様でした。

マルシェでは子供達メがロンパンを買っていました。

その間私は2歳のチビと追いかけっこ。
リゾナーレは広いので子供も走り回れます。

待て待てぇ~

そのままリゾナーレのプールへ。

イルマーレ

イルマーレ

1日券だとかなり高いですが
子供達のリクエストなのでやむを得ずプール参戦。

DSC08976


























2回目なので詳細は割愛します。

プールで散々遊んで終了。

マルシェで買ったパンを食べながらいざ京都へ出発💨

長野県、山梨県たくさん楽しませてくれてありがとう。

最後に

4泊でしたがあっという間に終わりです。

毎年恒例となった

子連れで楽しめる夏休みの家族旅行。

子供達は今でも
「お父さん次に長野はいつ行くの?」が口癖です。

なので来年の夏休みも長野県、山梨県に決定。

最後まで読んで頂きありがとうございます。


子供と一緒に楽しめる事を色々と書いていこうと思っております。



初日からはこちら
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】①エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】②エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】③エピソード7
【子煩悩パパの夏休みに子連れで楽しめる家族旅行in長野&山梨編】④エピソード7










↑このページのトップヘ