2019年06月

1.すのこマットロール式を買いました


すのこマットとは
布団の下に敷く事により通気性をよくして
湿気から布団を守るものです。

ロール式や
二つ折りタイプ、四つ折りタイプがあります。

実物は下の写真を参考に。

ロール式


二つ折りタイプ


四つ折りタイプ


私はロール式を購入しました。

2.すのこマットロール式体験談


フローリングの上に直接布団を敷くと
湿気で布団がジメジメになり
カビが生えてしまう。

寝起きに敷布団をめくると
湿気で濡れています。

これを放っておくと
一気にカビが生えてしまう。

こんな感じです。

DSC_3044

フローリングと布団の間に
すのこマットを敷くと
通期性が良くなりカビの発生を防げます。

すのこマットを敷いて就寝し
翌朝布団をめくっても濡れていません。

通気性が良くなったので
湿気で布団が濡れることはなくなりました。

布団がジメジメになりカビが生える事が
なくなったので重宝しております。

3.すのこマットロール式メリット


すのこマットロール式のメリットは

収納性

これに尽きます。

私は子供が3人の5人家族なので
シングル2個とダブル1個を購入。

シングル2個はまとめるとこんな感じ。

DSC_2936

ダブルもこんな感じです。

DSC_2958



4.すのこマットロール式デメリット


すのこマットロール式のデメリットは
ぐにゃぐにゃと動く事ですね。

DSC_2935

DSC_2937

布団を敷く時に
すのこマットが動くので
正直やりづらい。

布団の位置を直す時も
一緒に動いてしまいます。

滑り止めクッション材がついていますが
人が寝るぐらいの重量がないとすべる。

ぐにゃぐにゃと動く事は
布団を敷く時に苦労します。

床からの高さは2~3cmあり
並べて布団を敷いていると
すのこマットの位置や布団の切れ目で
段差が出来るので
違和感を感じてしまいます。

5.次に買うならどれを買う?


すのこマットはロール式と
二つ折り、四つ折りタイプがあるが

私が次に買うとすれば

二つ折りタイプ



ロール式は収納性に優れているが
布団は毎日使うので収納性にメリットを
感じていないからです。

布団を敷く時に
すのこマットがぐにゃぐにゃと動く事が
結構ストレスです。

二つ折りタイプは
布団を畳まずに半分に折った状態で
置いておけそうなので非常に楽チンな
印象があります。

四つ折りタイプは
畳む時に半分に出来ずに
面積を広くとるので却下。

6.まとめ


フローリングに直接布団を敷くと
湿気で布団が湿り、カビが生えてしまうが
すのこマットを敷く事により
通気性が良くなり
布団をカビから守ってくれる。

すのこマットにはロール式と
二つ折り、四つ折りタイプがある。

ロール式
メリット:収納性
デメリット:ぐにゃぐにゃ動いてしまう

二つ折りタイプ
メリット:布団を半分に畳んで置いておける
デメリット:収納時に場所をとる

四つ折りタイプ
メリット:見出せていない
デメリット:収納時に場所をとる

私が次に購入するとすれば
二つ折りタイプですが
ロール式の収納性も捨て難い。





実際に使用して分かる事もあるので
二つ折りタイプを購入した時は
また体験談を書きたいと思います。

すのこマットは
非常に良いので
引き続き使い続けます。

ここまで読み進めて頂きありがとうございます。




1.ショベルカーランド京都


【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】

休日に子供達とお出かけする際に
子連れで楽しめる、おすすめスポットの紹介です。



今回の楽しい遊び場は

ショベルカーランド京都

に行ってきました。

凄く良かったので紹介します。

家族構成
長男:小学校4年生
次男:小学校1年生
三男:3歳

男3兄弟の “ショベルカーランド京都” 体験記。

ショベルカーランド京都

住所
〒610-1106
京都府京都市西京区大枝沓掛町26-279

営業時間
10:00~17:00

電話番号
075-874-5206

メールアドレス
kazimaku@yahoo.co.jp

定休日
月曜日

Google Map

山の上にあるので車でしか行けないですね。
道幅は広いのですがボコボコの坂道を登った先にあります。

IMG_20190604_035705

まわりはこんな感じです。

DSC_3437

思ったよりも狭かった。
広くはないです。

おじさんが一人で切り盛りしており
1グループしか対処出来ないので予約必須です。

2.何ができる?


では何が出来るのか?ですが
本物のショベルカーを運転出来る。

子供達が実際のショベルカーを動かすので
見ている親はテンション上がります。

写真ばかりを撮ってしまいますが
子供達は真剣そのもの。(⌒∇⌒)

動かすのは2台のショベルカー

IMG_20190604_035546

こちらの小さい方のショベルカーで
記念撮影
前進、後進、回転
をやります。

IMG_20190604_040133

こちらの大きい方のショベルカーでは
ショベルカーブランコ
前進、後進、回転
土すくい
をやります。

何と言っても土すくいが醍醐味ですね。

3.費用は?


気になる費用ですが
初心者たいけんコースが2,000円。

IMG_20190604_035759

遊びながら運転体験出来ます。
所要時間は一人40分程度。

IMG_20190604_035629

こども工事現場は500円。

こちらは土日祝しかやっていませんが
私が行った時は重機がイベントで出払っており
遊べなかったので詳細を報告出来ず。

食事をする所も販売もしていないので
これ以上にお金はかかりません。

飲み物の自動販売機だけがあります。


4.ショベルカーと記念撮影


まずは、小さい方のショベルカーで記念撮影から始まります。

名前とかの書類を書いたり
初心者たいけんコースの説明もなしに
おじさんが表れて、いきなりスタートします。

ここに多少の戸惑い有り。(^_^;)

子供達3人ともヘルメット着用し記念撮影。



3歳児が楽しめたのはここまで。

いざエンジンがかかると怖がって
乗らなくなったので、参加できたのは記念撮影だけ。

残念でしたが、すごくご機嫌な写真が撮れました。

5.ショベルカーで前進、後進


ここから実際にスタート。

おじさんから運転の諸説明を受けてエンジンをかけます。
子供達の表情は真剣そのもの。

ショベルカーの腕の部分を上げて伸ばして
地面につけて機体を持ち上げたり。

車輪部分はそのままで機体の胴体部分のみで
その場で回転。

直線で30m程度を前進し、後進して戻ります。

親達はショベルカーを回り込んで
ひたすら写真を撮ってしまいます。

今度は機体全体でその場で回転。
右の車輪は前進、左の車輪を後進させると
キュルキュルと音をたてながら回転します。

へぇーっと思いながら見学です。




6.ショベルカーでブランコ


ショベルカーの先に椅子を取り付けて
ブランコの完成。

IMG_20190604_035434

これを持ち上げてグルグル間移転します。
最初のショベルカーの操作は私がさせてもらいました。

ゆっくりと早めと2人揃ってと
合計で6回ぐらいまわります。

今回は特別との事で立ちながら回れる
円盤でも1周しました。
(リップサービスかな?)

写真撮り忘れました。m(__)m


7.ショベルカーで前進、後進2


工事現場っぽくなってきました。

IMG_20190604_035824



こちらの大きい方のショベルカーでの
前進は坂道発進となります。

坂道でもショベルカーの馬力はすごいので
全く関係なかったです。

後進するときは、機体の胴体部分のみを
半回転させてターンをするので
今度は前進してきたのと同じレバー操作で
後進します。

ちょっと表記の仕方が難しいので
うまく伝わらないかもですが....

子供達のとまどいの表情が印象的でした。

8.ショベルカーで土すくい


ショベルカーランドのメインイベント
土すくいです。

ショベルカーですくった土を
ダンプカーに載せていきます。


DSC_3433

実際の工事現場さながら。

DSC_3384

おじさんの指示のもと
子供達は真剣な表情で作業をこなしていく。

IMG_20190604_035326

こうやってちゃんとダンプカーに
土を載せれます。

最後は載せた土を戻します。
リアル工事現場です。(⌒∇⌒)

DSC_3425


これにて終了。

2人で合計100分程でした。
もちろん子供達は大満足。

9.まとめ


ショベルカーランド京都は
本物のショベルカーを動かせるので
貴重な体験が出来る場所。

子連れで楽しめる遊び場でした。

おじさんも非常に優しく丁寧な方で
子供が好きな様子がにじみでており
全然イラッとされていなかった…
見習わないといけません。

1人2,000円のたいけんコースは
価値に見合う価格だと思います。

3歳児は参加拒否をしたので
操作出来ませんでしたが
自分の大事なショベルカーのおもちゃを
持参していたので、それで遊んで満足気。



トータル全員が楽しめました。

3人で予約していたので
6,000円を払う覚悟だったのですが
普通に4,000円で良いとの事でした。

おじさんありがとうございます。

ここまでお付き合いありがとうございます。

家族でのお出かけで
子連れで楽しめるおすすめスポットを
これからも紹介していきます。

10.【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】紹介


その他の子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】大内山動物園in三重県編

【子連れで楽しい遊び場のおすすめスポット】京都編:嵐山モンキーパーク

【子連れで楽しめる田植え体験】in京都:るり渓ファーム田んぼ一口オーナー


遊びに行ってどんどん更新していきます。

乞うご期待下さい。


↑このページのトップヘ