パパブロガーひろしぃ、3児の父です。

子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

3日目



9時にシャトレーゼ白州工場へ到着
シャトレーゼ白州工場:https://www.chateraise.co.jp/enjoy/factory_tour/information

こちらは事前に予約をして工場見学するのですが、目的はアイスの食べ放題。
シャトレーゼのアイスが冷凍庫に入っているので
ガラス張りの向こうにある工場内部を見ながらアイスが食べれます。
自分で勝手に取って食べれるシステムなので遠慮せず食べれます。
私は3本で限界でした。子供達も3本ぐらいだったと思います。
嫁も3本だったとここでは書いておきます(笑)。

DSC09034


















次は昼食を兼ねて清泉寮へ
清泉寮:http://www.keep.or.jp/place_event/seisenryo/

こちらははじめて来ました。
レストランで昼食の後、だだっ広い草原で走り回って遊びました。

DSC09054


















ただ広すぎて駐車場へ戻るのが遠かったので、家族を置いて私が車をとりに行きました。
そのぐらい広くただただ歩き廻りました。
DSC09049


























ここでは嫁のお友達と一緒に昼食をしました。通称パトロン姉さん。

宿泊する山本小屋ふる里館へ出発

本日の宿は少し離れており、移動に1時間40分かります。
長野県までの移動が一番長いですが、旅行中の移動では本日が最長。

諏訪湖を超えて高速を走ります。
もちろん家族みんなは車中で寝ておりますがお父さんは頑張って運転します。

目的地は標高が高いので途中で絶景スポットが何か所かあります。
みんなの寝ている具合を観察しながら、子供が寝ている時はひたすら走り
起きていると絶景スポットで休憩。ってな感じで走り続けて目的地へ・・・。
すごく景色の良い宿へ向けて子供達のテンションを上げながら進みます。
そうでもしないと子供達は移動時間がもたないので・・・。

DSC09121


















それでも行く価値が次の宿にはあります。子連れで楽しめる宿、No.1です。

山本小屋ふる里館:http://furusatokan.jp/

ここは今回一番高い宿。
この宿は接客が素晴らしいです。
本当に喜んでほしいという想いが伝わってきますのでリピーターがほとんどを占めます。

標高が高いのでタイミングが良ければ雲海がみえます。
今回は到着してすぐに雲海が見れました。
雲海で親のテンションはMAX。子供達もそれに合わせてなんかテンションUP(笑)。

DSC09184


















子供に優しい宿なので子供目線でどのスタッフも接してくれます。
チェックインからスタッフさんはテンション高いです。

夕飯まで少し時間があるので、館内探検の後はきれいな夕やけを見にお外へお散歩。

DSC09231


















夕食も子供の事をすごく気使ってくれ、おもちゃや絵本も持ってきてくれます。
もちろん記念撮影も快くやってくれますよ。

おいしい夕飯の後は夜のツアー。
夜のツアーは星を見たり、夜の牧場の生態系の説明など。
宿に帰ってからはビンゴゲームやジャンケンゲームで子供をスゴく楽しませてくれます。

また、すごくでっかい望遠鏡で星を見せてくれます。
この日は雲がかかっており星が良く見えませんでした。

翌日に聞いたのですが、この日は夜中の2時くらいには星が綺麗に見えたそう。
オーナー?の小沢さんはいつ寝てるのだろう?翌朝のツアーもこの小沢さんが案内してくれました。

この宿もエアコンはなかったです。
本当に近年は7月末の1週間だけ、部屋の中が暑いらしい。
確かに外はひんやりするので、半袖では無理でしたね。
宿の廊下と部屋の中では、サーキュレーターをブンブンつけてました。

家族で貸切露天風呂でお風呂。

夜はまた宴会です。

明日の朝はツアーに出かけるのでこの日は早めに就寝。

3日目終了。

続きはこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編④ エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編⑤ エピソード7

初日からはこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編① エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編② エピソード7