1.【子連れで楽しめる遊び場】鳥取砂丘in鳥取

【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】

休日の子供とのお出かけに
子連れで楽しめる遊び場、おすすめスポットの紹介です。


今回は
鳥取砂丘
を紹介します。

家族構成
長男:小学4年
次男:小学1年
三男:3歳

男3兄弟の “鳥取砂丘” 体験記。 

2.鳥取砂丘の遊び「らくだライド」

言うまでもなく、広大な砂漠です。

大自然の中に、ポツンと砂漠が現れます。
砂漠の向こう側は海。

私が訪れた日の前日は雨が降っており
砂が少し重たく、足が砂にとられて歩きにくいとかは
なかったのでコンディションは最高でした。

IMG_20191102_022331

砂の丘があるので(まさしく砂丘)、
丘を目指して
子供達は真っすぐに走っていきます。

この丘を登ると、どうなってるのかな?
結構急な斜面。
砂の丘なのでやはり登りにくい…

DSC_6259

てっぺんに着くときれいな海が見えます。
景色がとてもきれいでした。

広大な砂漠も子供達にとっては
【大きな砂場】になるようです。

砂に寝転がったり、砂団子を作ったり
お砂遊びをひたすら満喫していました。

砂漠の服装って?
どんなのがいいのか分かりにくいですが
砂浜の延長と思っうとイメージがしやすいと思います。
服装は動きやすく、足元はビーサンが良いですね。

一応、スリッパと長靴の無料レンタルや
足洗い場もあります。


DSC_6275_LI

鳥取砂丘で出来る遊びは
「砂遊び」ともうひとつは「らくだライド」

らくだライド料金

・ライド体験(1人乗り)

 1,500円(税込)
 ※大人・子供共通料金。
 
ライド体験(2人乗り)
 2,600円(税込)

決まったコースをらくだに乗って1周
約2,3分歩きます。

長男(小4)と次男(小1)は2人で乗れましたが
楽しすぎて2度乗りました。

記念になるのでらくだライドはやってみるべし。

らくだライドは写真撮り放題。
らくだと並走して写真を撮れます。

記念撮影をしてプレゼントをしてくれますが
写真はすごく小さい。
豪華な大きいのは購入しないといけません。
観光地あるあるです。

結局買ってもカバンの中でぐちゃぐちゃになるので
家に飾ったり出来ません。
思い出とか考えますが、私は買わない方に1票です。
とはいえ、「子供がほしい」と言えば
買ってしまいますが…

今回は買っていません。

DSC_6295_LI

らくだライド以外の場合
らくだとの写真撮影は料金が必要です。

・らくだのみの撮影
 ひとり 100円(税込)

 
・らくだの横に並んで撮影
 ひとり 100円(税込)

 
・らくだにまたがって撮影
 ひとり 600円(税込)
 (手持ちのカメラで撮影)


らくだライドの体験時間は
(9:30)10:00~16:00

家族の思い出の写真はフォトブックに
フォトブック作成はこちら▼



3.鳥取砂丘について


ここで

鳥取砂丘の成り立ち


何故こんな所に砂漠があるのか不思議に思いますよね。

砂を人の力で運んだりして人工的に作ったのではなくて
鳥取砂丘は自然の力で出来ました。

・中国山地の岩石が風化作用を受け、もろくなって砂となります。

・砂は雨に流されて千代川によって運ばれ、日本海へと流れでます。

・日本海の海底に堆積した砂は沿岸流と波の働きによって岸へ打ち上げられます。

・打ち上げられた砂が強い北西の風によって内陸へと運ばれ
 長い年月繰り返されることで鳥取砂丘が出来ました。


そんな鳥取砂丘は、東西16km、南北2.4km、最大高低差は約90m。
鳥取県の東部にあり鳥取市の日本海に広がっている海岸砂丘。
その一部は山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定され、
国の天然記念物にも指定されている。


鳥取砂丘は東から
福部砂丘、浜坂砂丘、湖山砂丘、末恒砂丘
4つの砂丘で成り立っており「
鳥取砂丘」として訪れる場所は
浜坂砂丘の一部です。

ここは唯一戦後の開発から逃れ、
1950年代の天然記念物指定当時の砂丘の面影を残している区域。

こういうマメ知識を知ってから行くのもいいですよね。


日本最大級の砂丘。
鳥取県の人気NO.1観光スポット「鳥取砂丘」。

お土産屋さんも充実してます。

らくだ乗り場のすぐ横にリフトがあり
砂丘センター見晴らしの丘へ行けます。


・大人200円(往復)120円(片道)
・小人130円(往復)80円(片道)


ここへは歩いてでも車でも行けますが
せっかくなのでリフトを利用。

お土産屋とレストランが併設されており
ソフトクリームも売ってます。

IMG_20191102_022232

リフトからの景色。
左が砂丘、右がお土産屋さん。 

4.鳥取砂丘アクセス


鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661

GoogleMap

車:鳥取自動車道「鳥取IC」
鳥取IC から約20 分

京都からは中国自動車道経由 約3時間。

電車:京都から鳥取(スーパーはくと 約3時間)

JR鳥取駅、鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)からは
ともに車で約15分。

鳥取市の中心市街地からは約7km。

駐車場

鳥取砂丘の駐車場は
“鳥取砂丘ビジターセンター”で有料ですが
道を挟んで向かい側にあるお土産屋さんの駐車場は無料です。

目の前ですのでお土産屋さん駐車場で良いと思われます。
 

5.鳥取砂丘こどもの国

子供と遊べるので是非立ち寄って頂きたい。

IMG_20191102_023131

屋内、屋外共に遊べて遊具が充実しており広場もあります。

こども広場

入るとすぐに空間を使った遊具がドンとあります。
天井の通路を子供達はハイハイしていくのですが
小さいので大人は入れないです。

IMG_20191102_023738

大型木製遊具

子供達が飽きない遊具が盛りだくさん。


IMG_20191102_023216

乗り物もあります。

F1

1回200円でこども1人乗り。

小学1年生の次男も難なく乗れてご機嫌さん。

IMG_20191102_024212


サイクルモノレール

100円

次男は足が届かなかったみたい。
小学4年生の兄が頑張った模様。

IMG_20191102_023428

変形自転車 

10分 100円

足で漕ぐのではなくて
飛び跳ねる
足を開く
手で回す
などなど
色んないびつな自転車が揃っている。



IMG_20191102_023259

レールトレイン 

大人(中学生以上)
大人200円 小人100円

3歳児は私と乗りました。
乗車中運転手が園内の解説をしてくれます。

IMG_20191102_023343

夏はウォータースライダーもやってるみたい。
子供が喜ぶと思うのでやってみたかった。
夏に来ないと。

IMG_20191102_023713


ぼうけん広場

遊ぶ場所や遊具がたくさんあるのでうれしい限り。

IMG_20191102_023947


鉄製遊具

遊具が充実しているので、そこらじゅうで遊べる事と
混み合っていないので子供にストレスなくて丁度良い。

IMG_20191102_023809

長男と次男がターザンにハマり、初対面の子と仲良くなりずっと遊んでました。
微笑みながら見守れます。

IMG_20191102_023830


わんぱく広場

野球やサッカーが十分できる広さです。
誰もいなかったのでこの広大なスペースを貸し切りで遊べました。

IMG_20191102_023900


軽食コーナー

軽食とありますが、ひと通り揃ってますのでメニュー表を載せておきます。
テーブルがあり、座席は30席ぐらいありました。

IMG_20191102_023637

鳥取砂丘こどもの国の営業時間
午前9時~午後5時

入園料金
大人500円 小学生無料

小学生無料なのでうれしい。

家族の思い出の写真をオリジナルグッズに
HPはこちら▼


6.鳥取砂丘こどもの国アクセス

〒680-0001 鳥取市浜坂1157-1 tel.0857-24-281

Google Map

車:鳥取自動車道「鳥取IC」
鳥取IC から約20 分

京都からは中国自動車道経由約3時間。

電車:京都から鳥取(スーパーはくと 約3時間)

JR鳥取駅、鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)からは
ともに車で約15分。

鳥取市の中心市街地からは約7km。

駐車場は無料。

7.砂の美術館

せっかくのなで立ち寄ってみました。
鳥取砂丘のすぐ近くです。

展示テーマ
第12期「砂で世界旅行・南アジア編」

会期
2019年4月13日(土)~2020年1月5日(日)
無休

開館時間
9時~18時、土曜日は20時まで

入場料
一般:600円
小中高校生:300円
小学生未満:無料

IMG_20191102_022829


大きな砂像がいっぱいありましたが
正直子供には退屈な時間…

IMG_20191102_022740

ガネーシャがいた。

IMG_20191102_022636

10月に訪れたのでハロウィン🎃企画で

“かぼちゃおばけ砂像を探せゲーム”

が開催されておりました。

参加料:100円。
ハロウィン限定バッジとお菓子付。


IMG_20191102_022508

子供達は砂像には興味もなく
ゲームをこなして終了。

IMG_20191102_022707

駐車場は無料ですが、30台なので満車でした。
近隣に駐車場はたくさんあります。

8.ゲストハウス

この日は、人生初の「ゲストハウス」に泊まりました。

“ゲストハウスふぁむすとん”

綺麗で快適でしたね。

アットホームな感じはもちろんですが
特に必要以上に人と絡まないといけない事はなく
部屋でゆっくり出来ました。

台所、トイレ、シャワーが共同。
外観写真ですが普通の家みたい。



IMG_20191102_023106

部屋はこんな感じ。
テーブルがあり、布団は各自で敷く。
布団の敷き方も教えてくれる。
部屋には鍵がついてるので、セキュリティー対策も出来てます。
ご安心を。

IMG_20191102_022954

洗面所は2つ。
きれいに掃除されていますね。

IMG_20191102_022852

他にも部屋があり、何人か泊まられていましたが
皆さんマナーも良く静かに過ごせましたよ。

IMG_20191102_022933


近隣紹介

・中華料理店(となり)
・コンビニエンスストア(向かい側)
・スーパー(徒歩5分)
・ドラッグストア(徒歩4分)
・コインランドリー(徒歩3分)
 洗濯機もありますがコインランドリーの方が安い

何不自由なく快適に過ごせます。

強いて言えばトイレがひとつなので
朝が順番待ちになるぐらい。(列は出来ないですよ)

エントランスというか玄関に
管人がおり、22時に施錠されますが
中からは自由に鍵を開けて出入りが出来ます。

料金 
1人 2,000円(税込)、添い寝は 1,000円(税込)

合計で 9,000円(税込)
私、妻、長男(小4)、次男(小1)、三男(3歳)
5人家族で宿泊費9,000円はうれしいです。

旅行ではいつも素泊りで、食事はスーパーかコンビニで購入し
部屋で食べていたので全く問題なし。

旅館で美味しい食事を満喫するような旅行は
子供が小さい間は出来ないので
ゲストハウスは、今後の選択肢に入りますね。

とはいえ、ゲストハウスも色々あるので
全てがこのような所ばかりではない。

レビューで、今回泊まった“ふぁむすとん”は
「ゲストハウスの中でもコスパ最高」
という書き込みがあったのも事実です。

ゲストハウスも全国各地にはなので
毎回利用するかは場所次第です。

宿泊するなら宿泊サイトから
るるぶ公式はこちら▼


9.まとめ

【子連れで楽める遊び場のおすすめスポット】

今回は鳥取砂丘のご紹介。

・砂漠は広大な砂浜みたい。

・子供にとって砂漠は「大きな砂場」

・無料で長靴やスリッパのレンタルあり。

・遊びは「砂遊び」と「らくだライド」

鳥取砂丘
(鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661)

東西16km、南北2.4km、最大高低差は約90m。

・鳥取県の人気No.1観光スポット

・日本最大級の砂丘

・駐車場:お土産屋さんに停めれば無料
 (すぐ向かい側にある)

子連れなら是非立ち寄って頂きたい場所が

鳥取砂丘こどもの国

時間が許せば「砂の美術館」も是非

今回の宿泊先はゲストハウス「ふぁむすとん」
家族5人で9,000円(税込)

ゲストハウスも色々あり、利用するかは場所によるので
定番はやはりホテルや旅館

宿泊するなら宿泊サイトから

るるぶ公式はこちら▼



参考HP

鳥取砂丘

鳥取市観光コンベンション協会

らくだや

鳥取砂丘こどもの国

砂の美術館


10.【子連れで楽しめる遊び場】の紹介

その他、子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

 

















遊びに行ってどんどん更新していきます。

11.商品紹介


商品紹介:
使用経験記事のご紹介