1.すのこマットロール式を買いました


すのこマットとは
布団の下に敷く事により通気性をよくして
湿気から布団を守るものです。

ロール式や
二つ折りタイプ、四つ折りタイプがあります。

実物は下の写真を参考に。

▼すのこマットロール式はこちら


▼すのこマット二つ折りタイプはこちら


▼すのこマット四つ折りタイプはこちら


私はロール式を購入しました。

2.すのこマットロール式体験談


フローリングの上に直接布団を敷くと
湿気で布団がジメジメになり
カビが生えてしまう。

寝起きに敷布団をめくると
湿気で濡れています。

これを放っておくと
一気にカビが生えてしまう。

こんな感じです。

DSC_3044

フローリングと布団の間に
すのこマットを敷くと
通期性が良くなりカビの発生を防げます。

すのこマットを敷いて就寝し
翌朝布団をめくっても濡れていません。

通気性が良くなったので
湿気で布団が濡れることはなくなりました。

布団がジメジメになりカビが生える事が
なくなったので重宝しております。

3.すのこマットロール式メリット


すのこマットロール式のメリットは

収納性

これに尽きます。

私は子供が3人の5人家族なので
シングル2個とダブル1個を購入。

シングル2個はまとめるとこんな感じ。

DSC_2936

ダブルもこんな感じです。

DSC_2958



4.すのこマットロール式デメリット


すのこマットロール式のデメリットは
ぐにゃぐにゃと動く事ですね。

DSC_2935

DSC_2937

布団を敷く時に
すのこマットが動くので
正直やりづらい。

布団の位置を直す時も
一緒に動いてしまいます。

滑り止めクッション材がついていますが
人が寝るぐらいの重量がないとすべる。

ぐにゃぐにゃと動く事は
布団を敷く時に苦労します。

床からの高さは2~3cmあり
並べて布団を敷いていると
すのこマットの位置や布団の切れ目で
段差が出来るので
違和感を感じてしまいます。

5.次に買うならどれを買う?


すのこマットはロール式と
二つ折り、四つ折りタイプがあるが

私が次に買うとすれば

二つ折りタイプ

▼すのこマット二つ折りタイプはこちら


ロール式は収納性に優れているが
布団は毎日使うので収納性にメリットを
感じていないからです。

布団を敷く時に
すのこマットがぐにゃぐにゃと動く事が
結構ストレスです。

二つ折りタイプは
布団を畳まずに半分に折った状態で
置いておけそうなので非常に楽チンな
印象があります。

四つ折りタイプは
畳む時に半分に出来ずに
面積を広くとるので却下。

6.まとめ


フローリングに直接布団を敷くと
湿気で布団が湿り、カビが生えてしまうが
すのこマットを敷く事により
通気性が良くなり
布団をカビから守ってくれる。

すのこマットにはロール式と
二つ折り、四つ折りタイプがある。

ロール式
メリット:収納性
デメリット:ぐにゃぐにゃ動いてしまう
▼すのこマットロール式はこちら



二つ折りタイプ
メリット:布団を半分に畳んで置いておける
デメリット:収納時に場所をとる
▼すのこマット二つ折りタイプはこちら


四つ折りタイプ
メリット:見出せていない
デメリット:収納時に場所をとる
▼すのこマット四つ折りタイプはこちら


私が次に購入するとすれば
二つ折りタイプですが
ロール式の収納性も捨て難い。

▼すのこマット二つ折りタイプはこちら



実際に使用して分かる事もあるので
二つ折りタイプを購入した時は
また体験談を書きたいと思います。

すのこマットは
非常に良いので
引き続き使い続けます。

ここまで読み進めて頂きありがとうございます。