パパブロガーひろしぃ、3児の父です。

子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

4日目



山本小屋ふる里館:http://furusatokan.jp/

早朝のツアーに参加。
7月末でしたが半袖では肌寒く、羽織物が必要でしたね。
用意してなかったので少し寒かったです。

バスで近くを回り、ポイントポイントで下車し、
山脈やなんとか連峰を色々と教えてくれたり、写真撮影。
絶景スポットも案内してくれましたよ。

DSC09373


















お馬さんへのエサやりもコースに含まれています。
オーナー?の小沢さんが色々と話しながら説明してくれる。

チェックアウト時にやるガラガラ抽選券をバラまいてくれるので、
夜と朝のツアーに参加するとめちゃくちゃもらえる。
小沢さんはダジャレが好きなのでツアー中にダジャレを言うと抽選権をいっぱいくれます。

子供達はもちろんのこと抽選券の奪い合い。
ケンカになるので、お父さんに没収されてしまう始末。

宿舎へ戻ると、朝食の準備が整っている。
ここのピザは絶品である。石窯で焼く焼きたてが食べれるのでハズレ無し。

前回に長野県、山梨県を訪れた際はこちらの宿には泊まらなかったが
このピザだけを食べにきたくらいです。

そもそも標高が高いので景色は良いし、牧場もあるので子連れには持ってこいですよ。

この山本小屋ふる里館から近くにある王ケ頭ホテルまでの散策路はゆっくり楽しめる。

と言うのも乗用車は山本小屋ふる里館までしか行けず王ケ頭ホテルまでは
歩きか送迎バスでしか行けないのでみんな歩いている。
宿泊しない人も結構います。

牧場に沿って歩くコースがありますが、牛さんや馬さんはどこにいるか分からないので
絶対に見れるかは分かりません。
でも何処かにはいるので目を凝らせば確認出来ますよ。

しかし、途中の塩くればという場所には牛さんがたくさんいます。
いつも(3度目ですが)ここで写真撮影。

本日の予定は色々用意していて、子供達に何がいいかを確認。
べるががいいとの事でしたので、これからべるがに向かいます・・・。

用意していたプランは
①ここでゆっくり散歩でもする。
②松本近辺やアルプス公園で1日遊ぶ。
近隣の食事処も調査済だったのがですが・・・

この選択肢ならばべるがですよね。
ウチの子らは新しい場所が苦手なので尚更です。

そんな訳でべるがに向けてレッツゴー。

白州尾白の森 名水公園べるが:https://www.verga.jp/

IMG_0330 (1)














またべるがで1日遊びます。
子供達からリクエストが入るほどいい所です。

DSC08682



























夕食は本日泊まるホテルの近く。

夕食は白樺湖のモンテローザ

DSC09516


















今は閉店したので多くは語りません。6年前に来た店だったのです。
思い出の店がまた1つ減りましたね。

本日泊まる宿車山高原スカイパ-クホテルに向けていざ行かん。

車山高原スカイパ-クホテル:https://www.sph.jp/

ここは、今回一番安かった宿ですがなんとエアコンがありました。
子供達はそれだけで、大はしゃぎ。口々に『お父さん、ここ一番最高やわ』
子供達は、エアコン恐怖症になってたみたい。すごく喜んでくれました。

いつも通り夜は家族で宴会をしました。お父さんは相変わらずPCでお仕事。

4日目終了です。

続きはこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編⑤ エピソード7

初日からはこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編① エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編② エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編③ エピソード7

パパブロガーひろしぃ、3児の父です。

子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

3日目



9時にシャトレーゼ白州工場へ到着
シャトレーゼ白州工場:https://www.chateraise.co.jp/enjoy/factory_tour/information

こちらは事前に予約をして工場見学するのですが、目的はアイスの食べ放題。
シャトレーゼのアイスが冷凍庫に入っているので
ガラス張りの向こうにある工場内部を見ながらアイスが食べれます。
自分で勝手に取って食べれるシステムなので遠慮せず食べれます。
私は3本で限界でした。子供達も3本ぐらいだったと思います。
嫁も3本だったとここでは書いておきます(笑)。

DSC09034


















次は昼食を兼ねて清泉寮へ
清泉寮:http://www.keep.or.jp/place_event/seisenryo/

こちらははじめて来ました。
レストランで昼食の後、だだっ広い草原で走り回って遊びました。

DSC09054


















ただ広すぎて駐車場へ戻るのが遠かったので、家族を置いて私が車をとりに行きました。
そのぐらい広くただただ歩き廻りました。
DSC09049


























ここでは嫁のお友達と一緒に昼食をしました。通称パトロン姉さん。

宿泊する山本小屋ふる里館へ出発

本日の宿は少し離れており、移動に1時間40分かります。
長野県までの移動が一番長いですが、旅行中の移動では本日が最長。

諏訪湖を超えて高速を走ります。
もちろん家族みんなは車中で寝ておりますがお父さんは頑張って運転します。

目的地は標高が高いので途中で絶景スポットが何か所かあります。
みんなの寝ている具合を観察しながら、子供が寝ている時はひたすら走り
起きていると絶景スポットで休憩。ってな感じで走り続けて目的地へ・・・。
すごく景色の良い宿へ向けて子供達のテンションを上げながら進みます。
そうでもしないと子供達は移動時間がもたないので・・・。

DSC09121


















それでも行く価値が次の宿にはあります。子連れで楽しめる宿、No.1です。

山本小屋ふる里館:http://furusatokan.jp/

ここは今回一番高い宿。
この宿は接客が素晴らしいです。
本当に喜んでほしいという想いが伝わってきますのでリピーターがほとんどを占めます。

標高が高いのでタイミングが良ければ雲海がみえます。
今回は到着してすぐに雲海が見れました。
雲海で親のテンションはMAX。子供達もそれに合わせてなんかテンションUP(笑)。

DSC09184


















子供に優しい宿なので子供目線でどのスタッフも接してくれます。
チェックインからスタッフさんはテンション高いです。

夕飯まで少し時間があるので、館内探検の後はきれいな夕やけを見にお外へお散歩。

DSC09231


















夕食も子供の事をすごく気使ってくれ、おもちゃや絵本も持ってきてくれます。
もちろん記念撮影も快くやってくれますよ。

おいしい夕飯の後は夜のツアー。
夜のツアーは星を見たり、夜の牧場の生態系の説明など。
宿に帰ってからはビンゴゲームやジャンケンゲームで子供をスゴく楽しませてくれます。

また、すごくでっかい望遠鏡で星を見せてくれます。
この日は雲がかかっており星が良く見えませんでした。

翌日に聞いたのですが、この日は夜中の2時くらいには星が綺麗に見えたそう。
オーナー?の小沢さんはいつ寝てるのだろう?翌朝のツアーもこの小沢さんが案内してくれました。

この宿もエアコンはなかったです。
本当に近年は7月末の1週間だけ、部屋の中が暑いらしい。
確かに外はひんやりするので、半袖では無理でしたね。
宿の廊下と部屋の中では、サーキュレーターをブンブンつけてました。

家族で貸切露天風呂でお風呂。

夜はまた宴会です。

明日の朝はツアーに出かけるのでこの日は早めに就寝。

3日目終了。

続きはこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編④ エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編⑤ エピソード7

初日からはこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編① エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編② エピソード7



パパブロガーひろしぃ、3児の父です。

子連れで楽しめる家族旅行を紹介します。

2日目



ホテルで朝食をとったあと、9時に野辺山SLランドに到着。
野辺山SLランド:http://www.ytg.janis.or.jp/~slland/
DSC08853


















本物のSLの乗れるだけでなく、他にも色々な乗り物があり子供はすごく楽しめます。
スイスレーティッシュ鉄道、ゴーカート、レインボートレイン、ソーラーカー等々
suisu01



















乗り物に多少お金がかかりますが、うちは男の子なので乗り物はすごく楽しめます。
あれやこれやと色んな乗り物に乗って子供達は大はしゃぎ、家族で楽しめます。
もちろんお父さんは、2歳のチビを横目に見守りながら走り回ってカメラを撮りまくり。

残念な事に2018年8月末で閉園してしまいました。
私達は7月末に行きましたがオーナーに残念だと伝えました。
これはもう、どうしようもないそうですが名残惜しいです。

昼食
そば三分一:http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/eat/p3_0080.html
ここも3回目ですがおいしいので通ってます。

信州といえば蕎麦ですよね。
数ある蕎麦屋さんの中から選んだ理由は、店内も広く子供に優しい雰囲気のお店だったからです。
公園も隣接しており、子連れには色々と都合が良く楽しめます。

蕎麦を作っている所を見れるので、もちろん子供達は興味津々
蕎麦を打っているおじちゃんも愛嬌があり手を振ってくれます。
そんなのいいから頑張って仕事して下さい(笑)。

DSC08871

















DSC08876


















おいしい蕎麦を堪能した後は、隣にある公園で子供達を開放。
食事をした後にすぐ横にこういう遊び場があると非常に助かります。
子供達にはゆっくりするやくつろぐという感覚はないですからね。常に走り回っていますよね。

DSC08887


























ほっといたら何時間でも遊んでますが旅行なので予定がある為
早々に切り上げて次の目的地まきば公園へ出発。

まきば公園:http://www.yatuboku.jp/makiba/

雄大な山の中にある牧場です。
牛、馬、羊が広大な牧場で飼育されおり都会では味わえない感覚ですね。

DSC08913


















都会でも動物園とかで羊と戯れる事は出来ますが、ここはなにせ広い。
広大な牧場に飼いならされている羊達を探してさわりにいく感じです。
どこに行っても羊にあたるとかそんな事はないです。

牛さんの場所は少し離れていますので、子連れでは全体を歩き回るのは難しいですね。

私は子供2人を抱っこして廻りました。
ダブル抱っこ(2人を同時にだっこするのをうちではそう言ってます)をして走るとすごく喜ぶので
そういうことをして楽しみながら牧場を満喫しております。

レストランもありますのでソフトクリーム食べたりのんびり出来ます。

次はプールを楽しむためにリゾナーレ八ヶ岳へ
星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳:https://risonare.com/yatsugatake/

ここは高くて泊まれないので、プールを楽しみに来ました。
16時からだと少し安くなります。それでも高いのですがね・・・。

今年からキッズコーナーが新設されており、子連れですごく楽しめました。
キッズコーナーでは色んな仕掛けで水遊びが出来るようになっており
2歳児はもちろんのこと年長の子も笑いながらあれやこれやと不規則に出てくる水を堪能しておりました。
距離の違う3種類のすべり台もあり帰れなくなるくらい子供は楽しめました。
ちなみにすべり台は大人も出来ます。
kids_area_landscape

















リゾートホテルなので監視員が常に子供の安全を見守ってくれています。
キッズエリアの充実もしかり、波の出るプールもありますので小学生の子供とも
こちらで十分すぎるくらい楽しめました。

なんかお金持ちになったような感覚を覚えます。
前回は会社の優先予約枠がもらえたので、素泊まり1人7,000円で泊まれたのですが
今回は外れたので宿泊は出来ません。

もくもくの湯という広い風呂場があり、外の露天風呂は中から繋がっているのですが
真ん中に出会いの湯があり、家族が集合出来るようになっています。

子供が気に入っていたので今回も行きたかったのですがね。
来年に再度チャレンジします。ちなみにお風呂は宿泊者専用です。

プール閉店の20時ギリギリまで遊んでいたので、近場で夕飯にしました。
るるぶで調べていたお店が何故か休みだったので、急遽開いてるお店へなだれ込み。

アジアンテイストなお店だったので、子供には合わないかと思いましたが
辛いの以外を店員さんにチョイス頂き夕飯終了。

DSC09000


















昨日に引き続き会社の保養所に宿泊。
八ヶ岳エレガンス:http://www.shikiresorts.com/institution/nagano/elegance/elegance.html

本日も部屋で宴会
お父さんは深夜まで会社のPCでお仕事をして就寝。

2日目終了

続きはこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編③ エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編④ エピソード7
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編⑤ エピソード7

初日はこちら
【夏休み子連れで楽しめる家族旅行】in長野&山梨編① エピソード7


↑このページのトップヘ