1.【子連れで楽しめる遊び場】万博記念公園:大阪のおすすめスポット


子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

休日、子供とのお出かけに「子連れで楽しめる遊び場」おすすめスポットの紹介です。


今回は 「万博記念公園」のご紹介

「万博記念公園」は1970年に行われた日本万国博覧会の跡地になります。

当時の写真
818_0001-640x507
(HPより引用)

もちろん私もまだ生まれてませんので、この方たちは大先輩です。

cp66_868_0060-640x640
(HPより引用)

日本万国博覧会はこの記事を書く為に調べたのですが、全然知りませんでした。(^_^;)

「太陽の塔」は万国博のシンボル。

当時のパビリオン(展示館)の跡地が、地面に刻印されているので歴史を感じる事が出来ます。

どんな所でどのような事が出来て、何に気をつければ良いか
親目線で「子連れで楽しめる遊び場」として紹介しまーす。

家族構成
長男:小学4年
次男:小学1年
三男:3歳

男3兄弟の 「万博記念公園」 体験記。

広い公園で遊びまくります。

それでは、はじまるよ~

2.万博記念公園


万博記念公園といえば、これ。
シンボルの「太陽の塔」
DSC_4074
万博記念公園に行かなくても見える太陽の塔ですが、ここでマメ知識。

太陽の塔には4つの顔があります。

黄金の顔:未来の象徴
太陽の顔:現在を象徴
黒い太陽:過去を象徴
地底の太陽(太古の太陽):人間の祈りや心の源を表す


今見えてるのが「黄金の顔」と「太陽の顔」。
裏側に「黒い太陽」があります。

第4の顔と言われているのが「地底の太陽」。
こちらは現在行方不明です。

博覧会終了後の撤去作業から50年近く経ちますが、行方は分からず。
高さ3メートル、全長11メートルもあるのでとても大きい。

誰かがパクったのか、それとも廃棄してしまったのか…
appearance-4
(HPより引用)

万博記念公園のアクセス

万博記念公園
拡大地図を表示

🚙 車の場合:名神高速道路「吹田IC」

🚃 電車の場合:大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」が便利。

駐車場有で収容台数は 9,000台以上 。


駐車場料金
4時間以上の利用の場合

駐車場利用時間9時~20時
駐車料金1,100円~1,600円


万博記念公園の利用時間

9時30分~17時


万博記念公園の利用料金

  大人 260円
 小中学生 80円

DSC_4231


「万博記念公園」はエキスポシティの隣にあります。

車は中央駐車場に駐車、見慣れた光景ですが、入口はニフレルの横です。

DSC_4056


↓「ニフレル」の紹介ブログです



それでは
いざ「万博記念公園」へ

3.万博記念公園内のようす


「万博記念公園」はとても広いです。

さてどこから行こうかなぁ。(o^―^o)ニコ

DSC_4069
入ってすぐに見えるのが。シンボルの「太陽の塔」

「黄金の顔」と「太陽の顔」を確認。
DSC_4078

万博おもしろ自転車広場

おもしろ自転車に乗ることに。
DSC_4081
「こどもの国」でもありましたね。
DSC_4083
以前に訪れた「鳥取砂丘こどもの国」より、おもしろ自転車の種類も多く、子供達は存分に楽しめます。

↓「鳥取砂丘」の紹介ブログです。



世界の森

隣にある「世界の森」へ
DSC_4165
長いすべり台がたくさんあり、3人とも楽しめました。(^◇^)
DSC_4167

巨大立体アスレチック迷路「迷宮の砦」

長男と次男は「迷宮の砦」に挑戦。

これは「東映太秦映画村」にもありますね。
DSC_4116
とても楽しかったようで、2回チャレンジし「知力コース」、「体力コース」を制覇。
IMG_20200202_165216
その間、3歳児は世界の森で遊んでました。
IMG_20200202_164932
「知力コース」と「体力コース」を挑戦したのでスタンプラリーも完成する。
コンプリート❕
IMG_20200202_164531
この広場ではサッカーをしました。
DSC_4174
隣にはこんな遊具もあります。
DSC_4190
昼食は「シアトルズベストコーヒー」にて軽食。
DSC_4207

夢の池サイクルボート

池があったのでサイクルボートに乗りました。
DSC_4193
もちろん5人全員で楽しめましたよ。

3歳児が小さいので4人乗りでOK。👌
IMG_20200202_165335
サイクルボートなので、4人で漕ぎまくり。

それがまた楽しかった。(〃艸〃)
DSC_4196
舵取りは次男が挑戦。

障害物があると、みんな一斉に「右」やら「左」やら
笑いっぱなしの20分間。
大満足❣
DSC_4203
そしてこちらが万博記念公園のシンボル「太陽の塔」の「黒い太陽」
過去の象徴です。
DSC_4210
こんなにも広い道路があります。

真ん中を歩いていると車が来るのでは?
とついつい後ろを振り返ってしまいます。
DSC_4214
噴水やお花畑があります。

訪れた時は冬だったのでお花は咲いていませんでしたが
季節になると一面がお花畑になるので、相当綺麗だろうと思います。
DSC_4222
どこまで行っても広い公園。

ここでもサッカーをしました。
DSC_4220
感想:本当に広い公園でした。

子供達はとても満足したらしく、「また連れてきて」と声を揃えて言ってました。
DSC_4230
「万博記念公園」
楽しませてくれてありがとう。

近いうちにまた来ますね。

4.気をつけること

子連れで万博記念公園を楽しむにあたり、気をつける事や注意点。

食事について

軽食含めてレストランが公園内に8か所ありますが、お弁当の持参が良いかと思います。
入口近くに大きなファミリーマートがあるので、ここで買って入るのもあり。

乳幼児連れについて

授乳室:5ヶ所
ベビーシート等設置トイレ:有
ベビーカーの貸し出し:有(先着順)

公園について

広い広場が多いので、ボールなどお子さんが好きな遊びが出来るように道具を持参される事をおすすめします。

宿泊予約について

【子連れで楽しめる遊び場】の紹介は、関西地方が多いので関東や遠方よりお越しの場合は宿泊が必要となります。
少しでもお得に旅行をされるなら、楽天経済圏の利用がお勧め。
下記にサイトを掲載しております。

ご家族での旅行は楽天トラベルで
▼楽天トラベルで予約される方はこちら▼

楽天カードでポイントをゲット
普通に予約するよりもお得!
▼楽天カードのお申込みはこちらから


楽天経済圏でポイント生活をするとお得が満載!
楽天カードの引き落としに口座には楽天銀行を
▼楽天銀行のお申込みはこちら
楽天銀行



5.【子連れで楽しめる遊び場】の紹介

子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

過去記事の紹介です。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


遊びに行ってどんどん更新していきます。





1.【子連れで楽しめる遊び場】ニフレル:大阪のおすすめスポット


子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット


休日、子供とのお出かけに「子連れで楽しめる遊び場」おすすめスポットの紹介です。


今回は 生きているミュージアムニフレルのご紹介

ご存知だとは思いますが「ニフレル」はエキスポシティにあります。

名前の由来は「感性に触れる」、「驚きに触れる」、に触れる、にふれる、「ニフレル」 。
たくさんのものに触れる事が出来る、生きているミュージアム「ニフレル」です。

今回の狙いは「ホワイトタイガー」(毎回ですが…)。

前回、子供達がホワイトタイガーの肉球を見ようと、頭上の檻の道を歩いているホワイトタイガーを動き回って見ている姿が可愛かった為、また遊びにきました。(^▽^)/

どんな所でどのような事が出来て、何に気をつければ良いか
親目線で「子連れで楽しめる遊び場」として紹介しまーす。

家族構成
長男:小学4年
次男:小学1年
三男:3歳

男3兄弟の 「ニフレル」 体験記。

ニフレルで感性に触れ、驚きに触れようと思います。

もうすぐ はじまるよ~



DSC_4061




2.生きているミュージアム「ニフレル」


生きているミュージアム「ニフレル」です。

ここでは色んな動物たちに逢えますよ。


「ニフレル」の入口。

DSC_4171

日本最大級 大型複合施設 EXPOCITY -エキスポシティ- の一角にあります。

DSC_4170

ご存知の通り、観覧車もあります。

DSC_4169

ここは遊ぶところだらけですので、1日中 子供達と遊んで過ごせますよ。


ニフレルのアクセス

ニフレル

拡大地図を表示


車:名神高速道路「吹田IC」、中国自動車道「中国吹田IC」から約5分

電車:最寄り駅 大阪モノレール 「万博記念公園」駅から徒歩約2分

駐車場代は「ニフレル」や「ららぽーと」などのエキスポシティの利用で合算してサービスを受けられるので要チェック。

ニフレルの営業時間

10:00~20:00


ニフレルの料金

大人(16歳以上)こども(小・中学生)幼児(3歳以上)
  2,000円  1,000円  600円

並ばず入館出来るWEBチケットもありますが、会員登録が必要です。

クレジット情報の登録もあるので、難しいという方はコンビニで前売り券という手もあります。
コンビニの端末で、ニフレル前売り券入館券の【JTB商品番号】を入力することで購入出来ます。
【JTB0252750】
 ↑こちらが番号です。

これらは比較的スムーズに入館できますのでオススメです。


それでは、いざ「ニフレル」へ❕
🚙💨

車を立体駐車場に停めましたので、ららぽーとを通過してニフレルへ向かいます。

立体駐車場での注意点

立体駐車場とららぽーとの階数が違うのでご注意を。

立体駐車場では「3階」でしたが、ららぽーとでは なんと「2階」...

DSC_4161

早かったので閉まっている店もある。

DSC_4166

ここを抜けるとニフレルです。



3.「ニフレル」館内の様子


ニフレルの館内を紹介していきます。

入館券はホワイトタイガーでした。
印字されている動物の写真でも、チケットを取り合いするので
子供達にはなるべく分からないようにして入場。

IMG_20200116_041218


ニフレルのコンセプトなので、一応載せておきます。

8つのゾーンで生きものの多様性を感じよう

8つのテーマに分けられていて、様々な視点から生きものの魅力を知れるようになっています。


まずは

いろにふれる

ちいさな水槽がたくさんあって、お魚さんがいっぱい。
<゜)))彡

DSC_4178

子供達にとってテーマなんかはお構いなしで、どんどん進んでいきます。

DSC_4172

人は結構多いですね。

DSC_4187

ドクターフィッシュ
長男(小4)と次男(小1)は体験しましたが、3歳児は無理でした。

DSC_4190


わざにふれる

テッポウウオ
よく観察すると、水が飛んでます。

DSC_4195

子供達を確認しながら、写真撮ったりで親は大忙し…。(^_^;)

DSC_4197

基本的には一番小さい3歳児のペースになります。

DSC_4198


すがたにふれる

暗い所に来ると、3歳児は怖いようで抱っこになります。

異様な空間に感じるのでしょう。(o^―^o)ニコ

DSC_4200

何故か、子供に大人気のチンアナゴ。

DSC_4199


WONDER MOMENTS

光、音楽、映像が駆使された幻想的な空間。

DSC_4206

意外にも3歳児がすごく気に入り、なかなか次に進めませんでした。(^_^;)
不思議な空間なので、こちらは是非体感してみて下さい。

DSC_4209


かくれるにふれる

暗い所では、スマホの写真ではうまく撮れない…

クラゲも少しボケていますが、限界です。😿

DSC_4203

暗いと道順が分かりませんので、順路の標識がすごい役に立ちます。

DSC_4204

みずべにふれる

ついに来ました。
お目当ての「ホワイトタイガー」。

貫禄十分。

なのに何故か、かわいい。

DSC_4220

頭上にホワイトタイガーが歩ける通路があるので、更に近くで見れます。

DSC_4212

この真下から肉球を観察できますよ。

前回は、ここで子供達が肉球を観察する為に、ホワイトタイガーを追いかけながら見上げてた様子が可愛かったのです。😻

DSC_4214

3歳児はホワイトタイガーを怖がって見れなかったので、こちらのミニカバさんをゆっくりと堪能。

DSC_4225


うごきにふれる

アメリカビーバー

DSC_4231

ワオキツネザル

DSC_4229

天井にワオキツネザルが登っていて、シッポだけが見えています。

IMG_20200113_140550

オウギバト

DSC_4239

偽物ですが、3歳児は怖がりました。

DSC_4226

モモイロペリカン
エサあげの時間に遭遇すると、飛んできます。

DSC_4232

ケープペンギン🐧

DSC_4233


つながりにふれる

スクリーンで映像を上映。
迫力があるので子供達も大人しく見てくれる。

壁につながりを数字で表しています。

DSC_4248


ショップです。
お土産屋さんって、何故かワクワクする。(^◇^)

DSC_4255

可愛いぬいぐるみがいっぱい。

DSC_4254


補足
すがたにふれるが2020年1月13日で終了し
新たに「およぎにふれる」が2020年2月28日より誕生しています。


ニフレル終了。


楽しい時間をありがとうございました。

子供達も大満足、また来ますね。😉


ららぽーとを通り抜けて帰りました。

DSC_4164


ニフレルは株式会社海遊館が運営しています。

▼海遊館のご紹介記事はこちら



4.気をつけること

子連れでニフレルを楽しむにあたり、気をつける事や注意点を書いておきます。

乳幼児について

・おむつ交換出来ます。
・授乳室あり。
・ベビーカーで館内をまわれる。
・ベビーカーを預けれる。
・コインロッカーあり。


食事について

持ち込みは禁止です。

館内にピクニックカフェ「EAT EAT EAT」あり。
ららぽーとにも、様々な飲食店があるのでこちらの方がオススメです。
55店舗ありますが、お昼時は混雑しているので注意が必要。
万博記念公園でお弁当もいいですね。
(入口に大きなファミリーマートがあります)


生きものには触れません

「感性に触れる」ことがコンセプトなので、直接さわることはできません。
お間違いなく。



我が家にやってきたホワイトタイガーのぬいぐるみ。
毎晩一緒に寝ています。

DSC_4421



宿泊について

ニフレルは大阪にあり、関西以外の遠方よりお越しになる場合は、宿泊が必要になりますね。
人気の旅行サイト「るるぶトラベル」、「クラブツーリズム」への公式リンクを張っておきます。
宿泊予約される方は、是非どうぞ。

宿・ホテル予約はるるぶトラベル。スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。家族旅行を格安なビジネスホテルから、ゆったり出来る高級旅館まで掲載!

ツアーの予約はクラブツーリズムで
▼クラブツーリズム公式はこちら




家族旅行で立ち寄れる【子連れで楽しめる遊び場】の紹介をしております。

下記に記事紹介のリンクを張っておりますので、是非参考にして頂ければと思います。<(_ _)>

5.【子連れで楽しめる遊び場】の紹介


子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット
過去記事の紹介です。

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


遊びに行ってどんどん更新していきます。


宿泊予約について

【子連れで楽しめる遊び場】は、関西地方が多いので遠方よりお越しの場合は宿泊が必要となります。
少しでもお得に旅行をされるなら、楽天経済圏の利用がお勧め。
下記にサイトを掲載しております。

ご家族での旅行は楽天トラベルで
▼楽天トラベルで予約される方はこちら▼

楽天カードでポイントをゲット
普通に予約するよりもお得!
▼楽天カードのお申込みはこちらから


楽天経済圏でポイント生活をするとお得が満載!
楽天カードの引き落としに口座には楽天銀行を
▼楽天銀行のお申込みはこちら
楽天銀行



1.【子連れで楽しめる遊び場】海遊館


子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット

休日、子供とのお出かけに「子連れで楽しめる遊び場」おすすめスポットの紹介です。


今回は世界最大級の水族館「海遊館のご紹介

海遊館は有名なので行かれた事はあると思いますが、あの大きな水槽で泳ぐ魚たちは大迫力。
世界最大の魚類ジンベイザメやエイなどが悠然と泳ぐ姿がみれます。

今回の狙いは「ジンベイザメ」(毎回ですが…)。

3歳児が「ジンベイザメ」「ジンベイザメ」と口ぐせのように言うので(見た事もないのに)、本物を見せてあげようという企画で訪れました。

どんな所でどのような事が出来て、何に気をつければ良いか?
親目線で「子連れで楽しめる遊び場」として紹介しまーす。

家族構成
長男:小学4年
次男:小学1年
三男:3歳

男3兄弟の “海遊館” 体験記。

はじまり はじまり~



2.世界最大級の水族館「海遊館」


世界最大級の水族館「海遊館」。

お馴染みのこの建物。

この中でお魚さんたちがたくさん遊んでます。

DSC_3756

アクセス

車:阪神高速湾岸線・大阪港線 「天保山出口」からすぐです。

駐車台数:1,300台(まあ停めれます)

駐車料金
平日土日祝
 200円/30分 250円/30分
最大料金1,200円最大料金2,000円


電車:大阪メトロ中央線「大阪港駅」


帰りは子供達が寝てしまうので、車の方が楽かなぁと思ってしまいます。
(家族でおでかけあるあるですね)

海遊館

拡大地図を表示


入館料金

2020年3月10日(火)から改定になるようです。

《個人料金》【現行料金】【新料金】
大人(16歳以上)2,300円2,400円
こども(小・中学生)1,200円現行どおり
幼児(4歳以上)600円(3歳以上)現行どおり


WEBチケットを購入すると並ばずに入館出来ます。
(料金は変わりません)

キャッシュレス生活を実施しているので、WEBチケットで入場しましたよ。

私が訪れた日は混んでなかったのですが楽でしたね。

窓口で購入する時間も子供達は退屈するので、WEBチケットをおすすめします。

3歳児は初めての海遊館、楽しめるかなぁ〰
ドキドキで一杯。


3.こんな感じです


受付を過ぎ、アクアゲート(幻想的な水槽の中の通路)を通って中へ

DSC_3779

まずは、小さい魚たち。

お目当ての大きな水槽までは、まだです。

せっかく来たので焦らずにゆっくりと鑑賞したいですが
子供達がそうさせてくれない。(笑)

行った日はクリスマスに近かったので...

DSC_3887

クラゲ

DSC_3814

アザラシ

DSC_3790

アシカ

DSC_3851

ペンギン

DSC_3855

やっと大きな水槽に。
上から順に下へと下がっていきます。

「マンボー」

DSC_3879

水の中を飛んでいるように泳ぐ「エイ」

DSC_3889

水槽はマジででかい‼

DSC_3865

すると急に目の前に現れます。

DSC_3871

「ジンベイザメ~」

DSC_3883

ゆっくりと雄大に泳いでいるので、つい見とれてしまいます。

line_375722510260665

子供達の歩くスピードは思ったよりも早い。(^_^;)

DSC_3874

アザラシ。

DSC_3786

最後の「新体感エリア」でペンギンのお食事タイムに遭遇。

DSC_3782

最後、「エイ」にさわれます。

DSC_3784

「エイ」をさわれなかった3歳児。

line_375666792459853

おみやげ屋さんにある
ジンベイザメのぬいぐるみ達。

DSC_3772

子供達が小さいので「夜の海遊館」には行ったことがありませんが、一度は「夜の海」を体感してみたい。(⌒∇⌒)


4.ホテルシーガルてんぽーざん大阪


宿泊する場合は「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」
海遊館のすぐ横にあるので近い。

107651956
(HPより引用)

海遊館を意識した内装

136451626
(HPより引用)

海沿いにあるので、夜景が綺麗。

宿泊した部屋から夜の海が一望出来たので感動的でした。

子供達に夜景は関係ないんですけどね。(^_^;)

136449065
(HPより引用)

宿泊したら「夜の海遊館」に行きたいですよね。
営業は20時までです。

123535225
(HPより引用)

食事は海遊館に隣接している天保山マーケットプレイスに店がたくさんあります。

ホテル近辺にも地元のお店やスーパー、コンビニもあり便利です。

宿泊すれば車を置いたまま「海遊館」に行けます。


「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」の宿泊予約はこちらから▼
ホテルシーガルてんぽーざん大阪の予約はこちらをクリック

108180195
(HPより引用)


5.気を付けること


ベビーカーについて

入口でベビーカーは預かってもらえるので、ベビーカーで来ても大丈夫。

館内はエスカレーターと階段ですが、裏にエレベーターもありバリアフリーになってますが、館内は暗く危険な為、ベビーカーでまわるのはおすすめ出来ないですね。

ベビーカーは貸し出していない。

荷物について

大きいベビーバックはコインロッカーに。
必要最低限の荷物で回れますよ。

おむつ替えシート、ベビー休憩室&授乳室あります。

食事について

食事は隣接している天保山マーケットプレイスでどうぞ。
店も多いので種類も豊富でゆっくりと出来ます。

海遊館にもレストランはありますが、混むのであまり落ち着けないですね。

3歳児はどうだったか?

入口に等身大のジンベイザメが置いてあり「撮影スポット」になっています。

3歳児がこのジンベイザメを怖がってしまい、中々なかに入れなかった。(^_^;)

落ち着かせて中に入るが異空間を漂わしている「アクアゲート」の異様さに怖さが増して大泣き…

順路を逆から進み、最後にある「エイとのふれあい」や「ペンギンのお食事タイム」を見て気分転換させてからは大丈夫でした。(^▽^)/

全体を通して

小さい子供が多く、暗いので見失い易い為
お子様の迷子に気をつけて下さい。

子供達は大人の隙間をすり抜けて、最前列のガラス越しに見に行くので
出てくるまで姿を確認しずらい。


6.おまけ


食事の為に、海遊館に隣接している「天保山マーケットプレイス」に立ち寄りました。

そこで見つけたものは…

DSC_3764

「あめざいく」

DSC_3904

目の前で作る「あめざいく」を発見

DSC_3914

さっそく作ってもらう事に

DSC_3920

「龍」

完成度ハンパない

line_375834902032497

「ユニコーン」

こちらも完成度高い

line_375854575227438

そんなこんなで
「海遊館」
「天保山マーケットプレイス」
「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」
を満喫出来ました。


「ホテルシーガルてんぽーざん大阪」の宿泊予約はこちらから▼
ホテルシーガルてんぽーざん大阪の予約はこちらをクリック

ご家族での旅行は楽天トラベルで
▼楽天トラベルで予約される方はこちら▼

楽天カードでポイントをゲット
普通に予約するよりもお得!
▼楽天カードのお申込みはこちらから


楽天経済圏でポイント生活をするとお得が満載!
楽天カードの引き落としに口座には楽天銀行を
▼楽天銀行のお申込みはこちら
楽天銀行

7.【子連れで楽しめる遊び場】の紹介


・子連れで楽しめる遊び場のおすすめスポット
過去記事の紹介です。




 


 











 


 











遊びに行ってどんどん更新していきます。



↑このページのトップヘ